知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

冬が旬の果物とは?その栄養価は!?

      2016/03/06

冬といえば、こたつに入って「みかん」を食べる。

これって、日本の伝統的な家庭の風景ですよね!

スポンサーリンク

 

このように冬に食べる果物で思い浮かぶものは「みかん」が多いですかね。

それともその他に冬が旬の果物って思いつきますか!?

冬に旬を迎える代表的な果物は以下のものがあります。

・みかん
・苺
・ぶどう
・りんご
・キウイフルーツ

などが有名なところでしょうか!?
意外とたくさんある事に驚きですね。

そこで今回は、冬が旬の果物について、その時期や栄養価について紹介します。

冬が旬の食べ物はこちら
冬の野菜|今が旬の「ほうれん草」|冬の風邪対策に有効
生牡蠣の旬は|栄養素がたっぷり|冬の味覚


スポンサーリンク

みかん


6fcf2d8f4ade5f36498c91920103eed3_s

みかんはみかんでも、その種類は多種多様です。
一般に日本で多く流通しているのは、「温州みかん」です。

旬の時期は10月〜12月とされていますが、冬の時期を通して流通しています。

「温州みかん」に含まれる栄養素は、以下のとおりです。

・ビタミンC:免疫力アップ効果があり、風邪予防に効果的
・クエン酸:ダイエットや便秘の解消、疲労回復に効果的
・βクリプトキサンチンガン予防効果があることが判明している

 

6065f5799b39e4d1dcb6cb3c71dfe130_s

意外と知られていませんが、苺の旬は「冬」です。
「春」ではありません。

苺の旬は、12月中旬〜2月末までです。
この時期には外食チェーンがこぞって「苺フェア」を開催します。

また、苺狩りなどの味覚狩りは春先まで楽しむことができます。

味覚狩りの楽しみ方!

「苺」に含まれる栄養素は、以下のとおりです。

ビタミンC:免疫力アップ効果があり、風邪予防に効果的
アントシアニン:抗酸化作用により、老化や病気、目の健康維持に効果的
ペクチン:腸の調子を整え便秘の解消に効果的
葉酸:造血作用があり、貧血の防止に効果的

 

ぶどう

0eaf9486f6b8fdc04ac0698eb8e0c917_s

ぶどうの品種も多種多様に存在しています。

品種によって若干の差はありますが、ぶどうの旬は、4月〜12月と長期に渡ります。

 

「ぶどう」に含まれる栄養素は、以下のとおりです。

アントシアニン:抗酸化作用により、老化や病気、発ガン抑制作用あり
ブドウ糖:疲労回復や、病中病後の栄養補給に最適

糖質が多いことが特徴で、直接的に脳の栄養源になり、脳の活動を高めたり、集中力を活性化します。

 

りんご

e964c5a13ae8f444a06563838efd745a_s

りんごの旬は、11月〜2月頃です。

香りだけでなく、シャキシャキとした食感や音も含めて楽しむことができますね。

「りんご」に含まれる栄養素は、以下のとおりです。

クエン酸整腸作用、殺菌作用
カリウム:体内の塩分を排出し、高血圧抑制に効果的
ペクチン整腸作用、便秘を解消、大腸ガンの予防に効果的
ポリフェノール:抗酸化作用により、老化や病気、発ガン抑制作用あり

この他にも、肺がんの抑制効果や、血液をさらさらにする効果なども報告されているようです。

 

キウイフルーツ

790155ae7144c26cf552497025e858e5_s

キウイフルーツの旬は、11月〜2月頃です。

「キウイフルーツ」に含まれる栄養素は、以下のとおりです。

ビタミンC:免疫力アップ効果があり、風邪予防に効果的
ビタミンE:抗酸化作用があり、ビタミンCとの相乗効果でより効果大
アクチニジン:タンパク質の分解酵素で胸焼け・胃酸過多・便秘解消に効果的

 

まとめ

冬が旬の果物について、その時期や栄養価について紹介しました。

果物の旬というとなんとなく、夏や秋を思い浮かべることが多いかもしれませんが、冬にもたくさんの果物があるんですね。

また、旬に食べるということは、単純においしいというだけでなく、栄養価もその時が最も多いそうですよ。


スポンサーリンク

 - 季節