知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ニューボーンフォトとは?セルフで撮影するときのアイデア!

      2016/05/29

スライド2

可愛い可愛い我が子の写真を撮りたいと思うのが親心です!

皆さんは「ニューボーンフォト」という言葉を聞いたことがありますか!?

スポンサーリンク

 

「ニューボーンフォト」とは、読んで字のごとく、

「NEW」=新しい
「BORN」=誕生
「PHOTO」=写真

つまり、新生児のフォトサービスのことです。

日本ではまだまだ聞きなれない言葉ですよね!?

実際日本では、改まって撮る写真は、お宮参りでの記念写真が最初で、イベントごとに撮るのが普通かもしれません。

しかし、赤ちゃんというのは、みるみる大きくなるので、1日1日確実にその成長を記録していきたいと思いませんか?

寝る暇もなく子育てに追われてしまうだけではもったいないです。

きっと子供も大きくなったら、その写真を見て楽しく談笑できるはず!

 

実際に欧米などでは一般的となっている「ニューボーンフォト」

そこで今回は、多くの人が撮るであろうニューボーンフォトのセルフ撮影のアイデアなどを紹介したいと思います。

赤ちゃんに関する記事はこちら
抱っこ紐!エルゴベビー(Ergobaby)人気の秘密!
ベビーカーの選び方|タイヤで選ぶ|シングルタイヤ|Runfee


スポンサーリンク

ニューボーンフォトとは?

ニューボーンフォトとは、「生後3日〜3週間くらいまでの生まれたての赤ちゃんを記念撮影する」ことを言います。

ニューボーンフォトを対象とした記念写真サービスも現在では珍しくなくなってきました。

生まれたての姿から、瞬く間に成長していく姿を記憶だけでなく、しっかりと形として残しておくのがニューボーンフォトの魅力です。

そんなニューボーンフォトは、何もお店に行って撮る必要はありません。

・予約していた日に風邪を引いてしまう
・慣れない場所や人に囲まれて笑ったりしない

そんなことは赤ちゃんなら頻繁ですよね!?

そんな場合では自宅でも簡単に行えるセルフ・ニューボーンフォトがオススメです!

 

 

セルフ・ニューボーンフォトのアイデア集

セルフ・ニューボーンフォトにおけるアイデアやオススメの取り方を紹介します!

 

着ぐるみで撮影

最も一般的と言える方法はこの着ぐるみでの撮影です。

様々なベビーウェアの中でも特にアニマルアレンジが人気ですね。
特に耳がついているクマやウサギ、またはそれらのキャラクターの被り物なんて着せたら胸キュン間違いなしですね!

虫なんてのも可愛いですね!

 

ペットと撮影

自宅で室内犬や猫を飼っている家庭は多いと思います。

そうであれば、リアルアニマルとのコラボもまた魅力的です。

なんといっても、ほぼ同様のサイズ感は、どれだけ赤ちゃんの時に小さかったのかが一目瞭然だからです。

ペッドだからこそ、仕込みすぎないで自然体で取れるのも、さりげない一瞬を取れるチャンスです!

 

家族と撮影

初めてのお子さんだったら、新たな家族を迎えて3人で撮るのがオススメです。

メインに写るのはやはり赤ちゃんなので、
例えば、

・両親の両手に抱かれているシーン
・手のひらに乗せているシーン

などなど、考えればキリがないですね!

 

双子ちゃんはチャンス

もし、お子様が双子だったら特別なショットを撮るチャンスです。

二人で一つの作品が完成します!

例えばこちらのグッズを利用してみると…

これはもう、双子ならではの特権!
ずるいですね!

 

兄弟・姉妹と共に撮影

cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_s

両親だけでなく、兄弟・姉妹がいる人は一緒に撮るのもありですね。

お姉ちゃんに抱かれているシーンなどは大変仲睦ましい姿が収められる貴重な瞬間ですね!

 

おしゃれなアクセでキメて撮影

ファンタジーなベビーを演出したいなら、ヘアアクセなどが人気でオススメです。

種類も豊富で安価で揃えられることが魅力です。

神様からの贈り物と言わんばかりのリボン付きのヘアアクセや、
花のアクセなんかも可愛いですね!

 

 

まとめ

今後は日本でも一般的となりそうな、ニューボーンフォトのセルフ撮影のアイデアなどを紹介しました。

素の赤ちゃんを撮るのも、もちろん良いですが、ちょっとした演出で一風変わった豪華な仕上がりに!

親の自己満と言われればそれまでですが、可愛い我が子を写真に収められるのもこの時だけです。

子供のためにも、とびっきりの可愛い写真を撮りましょう!


スポンサーリンク

 - お役立ち, ブーム, 妊娠・出産