知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

日産|ティアナ|ビッグマイナーチェンジ|2016年8月日本発売

      2016/07/28

-e1430962558251

日産自動車は、大型セダンとして発売しているティアナの新型を発表しました。

ビッグマイナーチェンジして日本で発売されるのは、2016年8月の見込みです。

スポンサーリンク

 

2015年、日産の新型ティアナに緊急自動ブレーキシステムである「エマージェンシーブレーキ」が搭載されたことは記憶に新しいですね。

そんな中での2016年8月のビッグマイナーチェンジでの日本発売。

一体どこを中心に改良されるのでしょうか!?

 

特に今回のビッグマイナーチェンジで改良される点は、

・デザインの変更
・機能性の向上

の2点が主要な改良だそうです。

特にデザインの変更によって、
よりカッコ良い「ティアナ」に生まれ変わるとして話題となっています。

そこで今回は、2016年8月にビッグマイナーチェンジを経ての本発売される日産ティアナの変更点について解説します。

2016年発売の車の情報はこちら
トヨタ「CH-R」新型コンパクトSUV 2016年12月14日発売!?


スポンサーリンク

ビッグマイナーチェンジの変更点

現行のティアナは3代目となります。

2015年のマイナーチェンジでは、「エマージェンシーブレーキ」を搭載したことで話題になりました。

初代が掲ていた「モダンリビング」、そして二代目が掲げた「OMOTENASHI」という世界に向けた2つのコンセプトに磨きをかけ、より走ることの楽しさを追求した仕様となっているそうです。

さて、主要な変更点は以下の2点になります。

・デザインの変更
・機能性の向上

一つづつ見ていきましょう!

 

デザインの変更

日産新型マキシマ

エクステリアの変更点が主要な改良点と言えます。

特にフロント周りが大きく進化します。

変化点は以下のポイントです。

・フロントグリルには太めのメッキトリムが採用され、V字化している
・バンパー下部は、エアロ感がなくなり、ピアノブラック調のガーニッシュが装飾される
・ボンネットの開口ラインを変更
・リアデザインでは、コンビランプが横長になる

以上のようなポイントです。

ぱっと見の印象でもスポーティーな変化を遂げたという印象で、明らかにカッコ良くなったというのが感想です!

 

機能性の向上

機能面での向上に関しては、以下のようなことが挙げられます。

・アダプティブ・クルーズコントロールの採用
・車線維持支援機能の採用

エマージェンシーブレーキもそうであったように、快適機能の追加は最近の車種ではもはや当たり前のようになっていますね。

どんどん運転が快適になっていきそうますね。

日産の新車情報はこちら
日産 新型「ノートハイブリッド」2016年11月発売!?

 

 

まとめ

2016年8月にビッグマイナーチェンジを経て、日本発売される日産ティアナの変更点について解説しました。

デザインの改良が最も大きな変更点で、エンジン周りには大きな変化はない模様です。

フロントマスクの改良から一気にスポーティーな印象に生まれ変わり、さらなる若者の層などにも人気が出るのではないでしょうか!?

今から発売が楽しみですね!

日産の新車情報はこちら
日産「ジューク」フルモデルチェンジ 2017年発売予定!ハイブリッドの追加も!?


スポンサーリンク

 -