知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

子供に頻発「肘内障」!肘の脱臼に注意!原因や治療法は?

   

da7543a8644a5bf25320e58c35aa1245_s

いつものように子供と戯れていたら、

急に子供が、「うぎゃ〜いた〜い」

というように急に大泣きしてしまった経験がある人はいらっしゃるでしょうか!?

これは、子供の頃に頻発する「肘内障」の可能性があります。

スポンサーリンク

 

「肘内障」とは、肘の関節が亜脱臼状態となることです。

いわゆる肘がはずれてしまっている状態なんです。

急激に子供の手を引っ張った時などに生じることがあります。

例えば、手をつないでいて、急につまづいて、とっさに引き上げる場合や、
中には、転んだ際に手を下敷きにしただけでも生じることがあります。

子供の中でも特に5歳未満の小児期に生じることが多く、
未発達な骨や靭帯のへの過負荷が原因であります。

そこで今回は、子供に頻発する「肘内障」について調べてみました。

小児期に生じる疾患に関する記事はこちら
先天性股関節脱臼とは?原因や予後は?装具が必要?


スポンサーリンク

肘内障とは

急激に手を引っ張るなどの外力が誘因になって肘の関節が亜脱臼を起こしている状態です。

肘は、上腕側に上腕骨、前腕側に橈骨尺骨が存在しています。

前腕の橈骨と尺骨をつないでいるのは、筋肉などではなく、橈骨輪状靭帯と言われる靭帯です。

字のごとく、橈骨の根元を輪のように包み込んでいるのです。

スライド6

しかしながら、骨だけでなく靭帯も未発達な子供は、
外力によって、この橈骨輪状靭帯から橈骨が外れてしまうのです。

この状態を「肘内障」といいます。

症状は

肘内障の症状は、

・痛くて泣いている
・ダランとして動かせない

などです。

好発年齢が子供だけあって、大泣きしているためか、部位を特定しようにも手が痛いと言ったり、肩が痛いと言ったりします。

しかしこの場合は、肘が痛い状態なのです!

診断は

診断方法は、受傷時の問診や、実際の症状からおおよそ見当はついてしまうようです。

しかしながら、X線(レントゲン)を撮影し、骨折などが合併していないかどうかなどの確認を行います。

治療は

治療方法は、亜脱臼した橈骨の「徒手整復」です。

整形外科医や、柔道整復師などの専門家であれば行えるそうです。

その場で整復が行われれば、いつもと同様に使用しても構わないそうです。

ただし、注意が必要なのは、一度発症すると、「くせ」になることがあるようです。

しばらくは、腕を引っ張ったりすることがないように注意が必要ですね!

 

まとめ

今回は、子供に頻発する「肘内障」について調べてみました。

大人がちょっとした悪ふざけで引っ張った腕は、未発達な子供では簡単に脱臼してしまうのです。

骨折などを合併しなければ良いですが、

もし、原因不明の上肢の痛みを訴えている場合に、「肘内障」のことをちょっと頭の片隅に置いておくと、早期発見が可能となりますよ!

子供が注意すべき病気に関する記事はこちら
春に流行する病気|特に子供や乳幼児は注意


スポンサーリンク

 - 医療・介護