知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

スズキ|新型「ソリオ バンテッド」ストロングハイブリッドモデル|2016年11月25日発売!

      2016/10/04

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8910

自動車メーカーのスズキは、新型ソリオストロングハイブリッドモデルを発売予定だ。

発売日は2016年11月25日を予定している!

気になる燃費などはどのくらい向上しているのだろうか!?

スポンサーリンク

 

スズキ「ソリオ」は2015年8月26日にフルモデルチェンジを果たしたばかり。

現行のソリオは4代目となり、スズキ独自のS-エネチャージを搭載したことでも話題になりました。

徹底した軽量化などの取り組みによっても約100kgの軽量化を達成し、
JC08モード燃費27.8km/Lという性能を達成しました。

 

今回新型として開発されるソリオ バンテッドは、EV走行のみが可能なスズキ独自のハイブリッドである「ストロングハイブリッド」を搭載するそうだ!

さて、そんな中で気になる燃費はどこまで伸びるのでしょうか?

そこで今回は、2016年11月25日発売のスズキ新型ソリオバンテッド、ストロングハイブリッドモデルの詳細についてまとめてみます。

2016年発売のスズキの新車情報はこちら
スズキ|新型「ワゴンR」フルモデルチェンジ|2016年9月発売!?
スズキ新型「スイフト」「スイフトスポーツ」2016年12月フルモデルチェンジ!


スポンサーリンク

スズキ「ソリオ バンテッド」とは

スズキのソリオは、スズキが製造開発するコンパクト型トールワゴンです。

「ソリオ バンテッド」は、その派生モデルで、2012年より誕生しました。

ソリオとバンテッド合わせて、2012年以降も年間3万台越えのペースで売り上げ実績を上げている人気の車種と言えるでしょう。

 

現行は4代目で、2015年8月26日にフルモデルチェンジを果たしたばかり。

新開発のK12C型デュアルジェット エンジンと、加速時にモーターでエンジンをアシストする簡易型ハイブリッドシステムを搭載したことでJC08モード燃費27.8km/Lという圧倒的な低燃費を実現しました。

 

 

新型「ソリオ バンテッド」ストロングハイブリッドの詳細は

solio_847548s

新型ソリオバンテッドでは、スズキ独自のハイブリッド「ストロングハイブリッド」が搭載される予定だそう。

もとより現行車でも搭載されているS-エネチャージはモーターがエンジンをアシストする形のシステムです。

トヨタのハイブリッドシステム「THSⅡ」や、
ホンダのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」

とは異なるものであります。

そこでスズキも、トヨタやホンダと同様に、EV走行のみが可能なスズキ独自のハイブリッド「ストロングハイブリット」を開発しました。

すでに、2015年10月31日から開催された東京モーターショー2015にて出典されたそうです。

1.2L 直列4気筒デュアルジェットエンジンハイブリッド
トランスミッション:5AGS

であることが公開されているようです。

 

燃費性能は?

ストロングハイブリッドが採用され、最大の注目点はその燃費です。

現行車である4代目の燃費を4.2km/L上回るJC08モード燃費32km/Lとなる予定でしたが、

嬉しい誤算で、国交省の三菱とスズキの燃費再測定結果より、

JC08モード燃費33.1km/Lとなったそうです。

 

価格は?

「マイルド・ハイブリッド」に比べて、より構造が複雑となり、価格の上昇が予想されます。

おおよそ200万円〜220万円前後となるようです。

マイルド、もしくはストロング2種類のHVを準備することで消費者の選択肢の幅を広げる狙いなどが戦略としてあるそうです。

2016年発売の新車情報はこちら
トヨタ|新型「パッソ」|フルモデルチェンジ|2016年4月11日発売
トヨタ新型「ヴィッツ」マイナーチェンジの詳細は?2016年発売!

 

 

まとめ

2016年11月25日発売のスズキ新型ソリオバンテッド、ストロングハイブリッドモデルの詳細についてまとめてみました。

新たなエンジンの搭載と、それによる燃費性能の向上は、非常に嬉しい情報ですね。


スポンサーリンク

 -