知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ホンダ新型「シャトル ハイブリット」マイナーチェンジで2016年11月発売!?

      2016/11/27

スライド1

ホンダは、新型「シャトル」のマイナーチェンジでの発売を計画している。

気になる発売日は、現在のところ2016年11月頃を予定しているようだ!

スポンサーリンク

 

ホンダの「シャトル」とは、フィットシャトルの後継車であります。

年3月にフィットシャトルの生産終了を受け、新たに5月にシャトルとして名前が変わって生まれ変わりました。

フィットは異なる外観を呈す5ナンバーのステーションワゴンとなっています。

2015年12月に特別仕様車「STYLE EDITION」を発表・発売しているが、マイナーチェンジは今回がとなります。

 

今回のマイナーチェンジの最もポイントとなる点は、燃費の向上だろう!

ホンダ最新のハイブリッドシステム「i-DCD(スポーツハイブリッド)」の改良が行われ燃費向上が図られるそうだ。

さらには、ホンダの先進技術による安全性能の充実も図られるそうだ。

 

そこで今回は、2016年11月発売予定のホンダ新型「シャトル ハイブリット」マイナーチェンジの詳細について調べてみました。

2016年発売の新車情報はこちら
ホンダ新型「フリード」フルモデルチェンジ 2016年9月15日発売へ!
トヨタ「カローラフィールダー」フルモデルチェンジで2018年1月発売!?
ホンダ「アコード ハイブリッド」フルモデルチェンジで2017年発売!

注目の新世代カー「Apple Car」の詳細はこちら
Apple社「Apple car」を開発中!2020年に実現か!?


スポンサーリンク

ホンダ「シャトル」とは?

ホンダの「シャトル」は、ホンダが製造・開発する5ナンバーサイズのステーションワゴンです。

「趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を最大限に反映させた車種」をコンセプトに開発されました。

もともとは、フィットシャトルの後継車でありますが、その外観や価値観は大きく異なるものであったため、フィットの冠を外すこととなりました。

2015年5月に発売が開始され、2015年12月には、特別仕様車「STYLE EDITION」を発売している。

今回が、のマイナーチェンジとなる。

2016年発売の新車情報はこちら
スバル|新型「インプレッサセダン」|フルモデルチェンジ|2016年10月13日発売
トヨタ 新型「プリウスPHV」フルモデルチェンジ!2017年2月発売

 

 

新型「シャトル」マイナーチェンジの詳細は?

20150417144433c29s 20150417144521827s

では、この度の新型「シャトル」のマイナーチェンジの大きなポイントはどこになるのでしょうか?

大きく分けると、

・燃費の向上
・安全性能の充実

が挙げられます。

ホンダの新車情報はこちら
ホンダ 新型「シビック」4ドアセダン 2018年に日本発売!?

 

燃費の向上

シャトルには、2代目のフィットハイブリッドやヴェゼルに使用されているEV発進可能な1モーターシステム「SPORT HYBRID i-DCD」が採用されています。

このシステム自体に改良が加えられるようで、それによる燃費の向上が見込めるようです。

どうやら以前のシャトルハイブリッドのJC08モード燃費32km/Lから

JC08モード燃費35km/Lへと改善されるようです。

これで、ライバル車であるカローラフィールダーの33.8km/Lを上回ることとなります。

 

安全性能の充実

現行のシャトルには先進技術が搭載されておらず、あるのは低価格車に幅広く採用される「あんしんパッケージ」を標準装着、あるいはオプション(6万1,560円)として採用しているのみ…

この点において、トヨタセーフティーセンスC搭載のライバル車、カローラフィルダーとの差が生まれているのです。

しかし、今回のマイナーチェンジでホンダの先進技術「ホンダセンシング」が搭載されるようです。

「ホンダセンシング」とは、衝突軽減ブレーキや、アダプティブクルーズコントロール、路外逸脱抑制機能などなど、安全運転を支援する8つの機能が搭載されています。

2016年発売の新車情報はこちら
日産 新型「ノートハイブリッド」2016年11月発売!?
トヨタ「ヴィッツ」ビッグマイナーチェンジでハイブリッドを追加!2017年1月12日発売!

 

 

まとめ

2016年11月発売予定のホンダ新型「シャトル ハイブリット」マイナーチェンジの詳細について調べてみました。

トヨタのライバル車であるカローラフィールダーを上回るスペックと話題性を獲得しそうですね。

ただでさえ、空間効率の高いと言われるフィットをベースとして開発されているので、荷室の容量などはかなり使えると言えるでしょう。

そして、走行安定性に優れることや、何と言っても機能の割に安価で購入できるのが、シャトルの最大の魅力と言えますね。

ホンダ注目の新車情報はこちら
ホンダ「N-BOX(エヌボックス)」フルモデルチェンジで2017年10月発売!


スポンサーリンク

 -