知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

トヨタ 新型 「カムリ」2017年9月にフルモデルチェンジ!新開発のハイブリッドシステム!

      2016/11/28

スライド1

トヨタ自動車は、セダンタイプの乗用車「カムリ」のフルモデルチェンジを計画中だ。

発売日は、2017年9月です。

スポンサーリンク

 

「カムリ」は、トヨタ自動車で生産されている乗用車です。

基本的にカムリといえば、「カムリ・ハイブリッド」のことを指します。

現行車のカムリは、2011年にフルモデルチェンジを行った9代目です。
最近では、2014年に大幅なデザイン刷新によるマイナーチェンジが行われたばかりです。

 

この度、6年ぶりとなるフルモデルチェンジでは、

・TNGA技術の導入
・エクステリアの大幅な変更
・新開発のハイブリッドシステムを搭載

と言われています。

 

そこで今回は、2017年9月にフルモデルチェンジ予定のトヨタ 新型「カムリ」の詳細に迫ります。

トヨタの新車情報はこちら
トヨタ新型「マークX」2016年11月中旬にビッグマイナーチェンジ!?
トヨタ「86」/ スバル「BRZ」|2016年8月1日マイナーチェンジで発売!


スポンサーリンク

トヨタ「カムリ」とは?

「カムリ」はトヨタ自動車が製造・開発するセダンタイプの乗用車です。

初代は、1980年に登場し、以降モデルチェンジを重ね、現行車は2011年にフルモデルチェンジされた9代目となります。

また、この時にハイブリッド専用車種となりました。

日本向けの現行モデルで「カムリ」と言ったら、基本的にはハイブリッドモデルを指します。

Lクラスハイブリッドセダンにしては価格設定が割安なこともあり、9代目は日本国内での売れ行きも好調なようです。

 

 

新型「カムリ」の詳細は?

2017年9月にフルモデルチェンジ予定のカムリですが、その改良点は以下のような点になります。

・TNGA技術の導入
・エクステリアの大幅な変更
・新開発のハイブリッドシステムを搭載

なお、新型カムリの開発キーワードは「キング オブ スタンダードミッドセダン」だそうです。

トヨタの新車情報はこちら
トヨタ 新型「プリウスPHV」フルモデルチェンジ!2017年2月発売
トヨタ「CH-R」新型コンパクトSUV 2016年12月14日発売!?

 

TNGA技術の導入

新型プラットフォーム「TNGA技術」が導入されます。

TNGAは「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」の頭文字ですが、プラットフォームの名称ではなく、車づくりや仕事の進め方の方針を表したものです。

このTNGAに基づいた車両設計により、軽量でかつ高剛性、低重心のドライブポジションになるとされています。

 

 

エクステリアの大幅な変更

エクステリアに関してですが、まずは車両サイズです。

全長×全幅×全高:4850mm×1830mm×1440mm、ホイールベースは2820mmとなります。

現行に対して、全高が30mm下がることになり、低重心印象がより強くなりますね。

これによって、ドライブポジションも下がり、Aピラーに角度を付ける事が出来るようになります。

ミラーも、時代の流れに乗って、アームタイプのものが採用されます。

フロントに関しては、トヨタの顔となるキーンルックも取り入れられるようですね。

 

新開発のハイブリッドシステムを搭載

パワーユニットは現行型と同じ2.5リッターDOHCエンジン(2AR-FXE型)ですが、これに改良が加えられます。

フリクションの低減が施されるとともに、TNGAによる軽量で剛性が高いので燃費が向上するのです。

加えて、低重心の車体による安定も加味され、現行カムリのJC08モード燃費23.4km/Lから更に10%程燃費が伸びるとの事です。

つまり、JC08モード燃費は25.0km/Lを超えてくるあたりということになりそうです。

トヨタの新車情報はこちら
トヨタ 新型「ラッシュ」フルモデルチェンジで2016年12月発売か!?
トヨタ新型「プレミオ/アリオン」フルモデルチェンジ|2017年初旬に発売

 

 

まとめ

今回は、2017年9月にフルモデルチェンジ予定のトヨタ 新型「カムリ」の詳細に迫りました。

デザインの進化と燃費性能の向上など、見た目と機能性のバランスが非常によく取れた進化になりそうですね。

これからのカムリも人気が出ることは間違いなさそうですね。

トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジで2017年12月発売!?


スポンサーリンク

 -