知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

マツダ 「CX-5」フルモデルチェンジで2017年1月発売!?

      2016/10/04

スライド34

マツダは、人気のSUV「CX-5」のフルモデルチェンジを計画中だ。

気になる発売日は、

今の所、2017年1月とされています。

スポンサーリンク

 

「CX-5」はマツダが製造・販売するクロスオーバーSUVです。

CX-5が発売されたのは、2012年2月。

この度のフルモデルチェンジは丸5年でのタイミングとなります。

当初より、「SKYACTIVエンジン」の搭載や、

「SKYACTIVシャーシ」「SKYACTIVボディ」を採用し、マツダの持つ技術を結集されたような車でした。

事実、CX-5投入からのマツダの営業利益は好調そのものです。

 

さて、この度のフルモデルチェンジですが、目玉となるのは、

SKYACTIV GEN2です。

これは、SKYACTIVを進化させた時期SKYACTIVに相当するものです。

そこで今回は、2017年2月発売予定のマツダ 「CX-5」フルモデルチェンジの詳細に迫ります。

マツダの新車情報はこちら
マツダ 新型 「ロードスターRHT」2016年10月発売!RHTって何…?
マツダ新型「スピードアクセラ」2017年に発売予定!


スポンサーリンク

マツダ「CX-5」とは?

「CX-5」はマツダが製造・販売するクロスオーバーSUVです。

2012年2月より発売が開始されました。

その後は、マイナーチェンジや特別仕様車の発売などがありました。

2015年には、世界累計生産台数が100万台に達したのです。

燃費性能に優れた「SKYACTIVエンジン」を搭載し、高性能かつ軽量で上質な乗り心地である「SKYACTIVシャーシ」、操舵安定性や衝突安全性能を向上された「SKYACTIVボディ」を採用し、話題となりました。

ちなみにこの「SKYACTIV TECHNOLOGY」を全面採用した車は「 CX-5」が先駆けとなります。

 

 

マツダ「CX-5」フルモデルチェンジの詳細は?

2017年1月に発売予定の「CX-5」はフルモデルチェンジを経て、どのように生まれ変わるのでしょうか?

 

まずは、何と言っても、

SKYACTIVを進化させた時期SKYACTIVと言われる

「SKYACTIV GEN2」の搭載です。

SKYACTIV GEN2によって、

「究極の燃焼技術と電動化技術を組み合わせ、劇的に燃費を性能を改善」するとされています。

実際に、SKYACTIV GEN1との比較をすると、約15%の燃費向上が見込まれるようです。

現行モデルと比較すると、

JC08モード燃費16.4km/L(SKYACTIV-G 2.0)の燃費が、

20.0km/L程度まで向上するのではないかと言われています。

 

また、「SKYACTIV-G 2.5T」と称して直列2気筒2.5リッター直噴ターボエンジンモデルが追加されるとの噂もあります。

 

さらに、今回の改良では、

「G-ベクタリング コントロール」が採用されるそうです。

これは、ドライバーのハンドル操作に連動して、エンジンの駆動トルクを変化させ、

別々に制御されていた横方向と前後方向の加速度(G)をコントロールするシステムです。

これによって、ドライバーの“意のままに動く“ことが可能になり、運転時の安心感や揺れの減少、ハンドル修正操作減少に寄与するそうだ。

 

ボディサイズに関してですが、

新型は、現行よりもやや全長が大きくなることが予想され、

全長×全幅x全高:4560×1840×1700mm

程度となるようです。

マツダの新車情報はこちら
マツダ「デミオ」マイナーチェンジ 2016年10月発売!

 

 

まとめ

今回は、2017年1月発売予定のマツダ 「CX-5」フルモデルチェンジの詳細に迫りました。

CX-5発売時と同様、この度のフルモデルチェンジでも、

マツダの新たな技術の投入が期待されます。

マツダの新車情報はこちら
マツダ「CX-6」3列シートで2017年秋発売予定!?


スポンサーリンク

 -