知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

日産「ジューク」フルモデルチェンジ 2017年発売予定!ハイブリッドの追加も!?

      2016/11/10

スライド29

日産自動車は、クロスオーバーSUV「ジューク」のフルモデルチェンジを計画しているようだ。

気になる発売日は、2017年と言われています。

スポンサーリンク

 

「ジューク」は、日産自動車が製造・販売するコンパクトクロスオーバーSUVです。

2010年に初代が誕生し、

直列4気筒1.6L直噴ターボエンジンなどのラインナップから、

コンパクトながらもSUVらしい力強い走りが魅力の一台です。

 

ただし、最近では、販売不振と低迷している時であり、

この現状を打破するべく、

のフルモデルチェンジが実現します。

 

この度の改良では、

ハイブリッド車が追加されるとも言われています。

そこで今回は、2017年に発売予定の新型「ジューク」フルモデルチェンジの詳細に迫ります。

日産の新車情報はこちら
日産 新型 マーチ 後継車種の「スウェイ」2017年3月発売!
日産|新型「キックス」クロスオーバーSUV|2017年発売か!


スポンサーリンク

日産「ジューク」とは?

「ジューク」は、日産自動車が製造・販売するコンパクトクロスオーバーSUVです。

2010年に日本国内で販売が開始され、マイナーチェンジと特別仕様車のリリースを行ってきました。

 

「キューブ」「ノート」などと同様のプラットフォームを採用していることから、

クーペとSUVを融合させたボディと言われますが、

その中にも、強力な直列4気筒1.6L直噴ターボエンジンをラインナップしており、

コンパクトながらもSUVらしい力強い走りが魅力的な一台です。

 

ただし、2015年は、ライバル車のホンダ「ヴェゼル」の売り上げ台数の約1/7程度であり、販売不振と言っても過言ではありません。

 

ちなみに車名の由来となったのは、英語のジュークという言葉で、

「ジューク=軽快にかわす」という意味であり、機敏さや前向きさという意味が込められています。

 

 

新型「ジューク」のフルモデルチェンジの詳細は?

2017年に新型のジュークとなって生まれ変わるります。

実は、フランクフルトモーターショー2015で披露された

“グリップス(Gripz Concept )クロスオーバーSUVコンセプト”

こそが、新型「ジューク」であると言われています。

 

Gripz_Concept_85736s
コンセプトカー”グリップス”

 

この度のフルモデルチェンジでは、

ハイブリッドシステムの追加が最も話題となります。

 

ライバル「ヴェゼル」に大きく差をつけられている燃費性能の向上を目的に、

パワートレインは、ダウンサイジングされた

直列3気筒1.2Lターボエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムになると予想されています。

その燃費性能は、【27.0km/L】を超えることを目標としているそうです。

 

さらにもう一つの可能性として、

日産の得意とするEV(電気自動車)としての発売です。

何と言っても、“グリップス コンセプト”こそがEVだからです。

ただし、この場合は、価格時代が高価となるため、

売り上げの改善となるかなどは未知なところです。

日産の新車情報はこちら
日産 新型 「フェアレディZ」フルモデルチェンジで2018年発売!?

 

 

まとめ

今回は、2017年に発売予定の新型「ジューク」フルモデルチェンジの詳細に迫りました。

ハイブリッドシステムの追加のみならず、

ルノーとの共通プラットフォーム「CMF-B」の採用や、

大幅なデザインの変更なども大変斬新です。

強力なライバルである「ヴェゼル」の牙城を崩せるかが、大変見所ですね。

各自動車メーカーの”キャッチコピー”がかっこ良い!


スポンサーリンク

 -