知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ホンダ「N-BOX(エヌボックス)」フルモデルチェンジで2017年10月発売!

      2016/11/19

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8929

本田技研工業(ホンダ)は、トールワゴンタイプの「N-BOX(エヌボックス)」のフルモデルチェンジを計画中だ。

気になる発売は、2017年10月頃になりそうだ。

スポンサーリンク

 

「N-BOX」は、ホンダが製造・開発するトールワゴンタイプの軽自動車です。

初代は2011年に発売され、マイナーチェンジや一部改良とともに、

派生モデルの「N-BOX+」「N-BOX SLASH」などを発売している。

 

軽自動車の中でも、

トップクラスの室内空間と、

高燃費性能が売りとなっています。

 

この度、まる5年の歳月を経て、フルモデルチェンジで2代目へと進化しますが、

その主要な改良点は、

“燃費性能の向上”が挙げられます。

 

そこで今回は、2017年10月発売のホンダ「N-BOX(エヌボックス)」フルモデルチェンジの詳細に迫ります。

ホンダの新車情報はこちら
ホンダ新型「シャトル ハイブリット」マイナーチェンジで2016年11月発売!?
ホンダ「CR-V」フルモデルチェンジで2017年発売!


スポンサーリンク

ホンダ「N-BOX」とは?

「N-BOX」は、ホンダが製造・開発するトールワゴンタイプの軽自動車です。

 

軽自動車のラインナップが他社に比して「手薄である」ことから、

開発されたこの「N-BOX」は、

軽自動車の中でもトップクラスの室内空間を備えていることと、

高燃費性能(JC08モード燃費25.6km/L)が売りとなり、

非常に人気となりました。

 

2012年・2013年・2015年度の軽四輪車新車販売台数では、

NO.1の販売台数を記録しています。

ライバル車は、ダイハツの「タント」で、

その人気は現在切迫しており、その人気を確固たるものにしたいところです。

 

 

新型「N-BOX」フルモデルチェンジの詳細は?

2016年12月にフルモデルチェンジが予定されている「N-BOX」ですが、

その改良点はどのような点にあるのでしょうか!?

 

これだけ人気の車種ですから、

今回のフルモデルチェンジは、“キープコンセプト”になるようです。

そのため、売りである室内空間は、同様のプラットフォームを用いて継続されます。

デザインに関しても同様に大幅な変更は行われないようです。

 

改良点をまとめると、

・燃費性能の改善
・安全装備の充実

が挙げられます。

 

 

燃費性能の改善

現行のエンジンである、

“S07型”からの変更はありませんが、このエンジンの改良に取り組んでいるようです。

 

実際に燃費に関しては、ライバルの「タント」に劣っており、

大幅な燃費向上を果たしたいところですが、

実際には、JC08モード燃費27.6km/L程度にとどまるようです。

 

この改善次第では、さらなる爆発的な売上向上が望める気がします。

 

※現行車における軽トールワゴン燃費

スズキ「スペーシア」:32km/L
ダイハツ「タント」   :28km/L
日産「デイズルクス」:26.2km/L
ホンダ「N-BOX」     :25.6km/L

 

 

安全装備の充実

安全装備に関しては、

現行車でも採用されている

“シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)”

に加えて、

「ホンダセンシング」の搭載が予定されています。

 

軽自動車は、女性が多く利用することもあり、

安全装備の充実は重要なファクターになります。

 

多少の価格上昇は免れませんが、

嬉しい装備の搭載ですね。

 

 

まとめ

今回は、2017年10月フルモデルチェンジで発売予定の「N-BOX」フルモデルチェンジの詳細をまとめました。

人気の車を“磐石の人気の車”にするべく、

更なる燃費の向上や、安全装備の充実に期待しています。

ホンダの新車情報はこちら
ホンダ「ジェイド」マイナーチェンジで2017年発売!


スポンサーリンク

 -