知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

「国民栄誉賞」ってどんな賞?過去の受賞者は?

   

スライド32

日本における最も名誉な賞とはなんでしょうか!?

おそらくその一つは、「国民栄誉賞」ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

「国民栄誉賞」とは、

“日本の内閣総理大臣表彰”の一つです。

 

スポーツなどで特出した成績を収めた際などに受賞できるようなイメージもありますが、

過去には、様々な分野で業績を残した人が受賞しています。

 

これまで(2016年現在)には、

22個人1団体に対して授与されています。

(うち12名は没後の受賞)

 

たったこれだけ…

と思えるほど、受賞は難しく名誉ある賞であることが分かりますね。

 

今回は、「国民栄誉賞」ってどんな賞なのか?

そして、過去の受賞者を紹介します。


スポンサーリンク

「国民栄誉賞」ってどんな賞?目的は?

内閣府のホームページには、

以下のような目的が記されています。

この表彰は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えることを目的とする。

 

また、表彰の対象となるものは、

「内閣総理大臣が本表彰の目的に照らして表彰することを適当と認めるもの」

とあり、特に日本国籍の有無なども問われないそうです。

 

ただし、「これまで功績を積み重ねてきた上に、さらに歴史を塗り替える、突き抜けるような功績をあげた者」

である必要があり、やはり簡単に授与されるようなものではないようです。

 

 

「国民栄誉賞」はいつから始まったの?

「国民栄養賞」の始まりは、

1977年に本塁打の世界記録を打ち立てた“王貞治”氏を称えるために創設されたのが始まりだそうです。

 

世界記録樹立の王氏が国民栄誉賞の基準であれば、

いかに受賞するのが難しい賞であるかが分かりますね。

 

 

歴代の「国民栄誉賞」受賞者は?

以下に歴代の「国民栄誉賞」受賞者を記載します。

 

1970年代

【王貞治】

職業:プロ野球選手
受賞理由:本塁打世界記録

 

【古賀正夫】

職業:作曲家
受賞理由:作曲による業績

 

 

1980年代

【長谷川一夫】

職業:俳優
受賞理由:映画・演劇界への貢献

 

【植村直己】

職業:冒険家
受賞理由:世界5大陸最高峰への登頂に成功

 

【山下泰裕】

職業:柔道選手
受賞理由:柔道界への功績

 

【井笠祥雄】

職業:プロ野球選手
受賞理由:連続試合出場世界新記録

 

【美空ひばり】

職業:歌手
受賞理由:歌謡曲を通じて夢や希望を与えたこと

 

【千代の富士貢】

職業:力士
受賞理由:相撲界への貢献

 

 

1990年代

【増永丈夫】

職業:歌手
受賞理由:歌謡曲を通じて夢や希望を与えたこと

 

【長谷川町子】

職業:漫画家
受賞理由:漫画・サザエさんを通じた社会への貢献

 

【服部良一】

職業:作曲家
受賞理由:歌謡曲を通じて夢や希望を与えたこと

 

【渥美清】

職業:俳優
受賞理由:映画”男はつらいよ”を通じた社会への貢献

 

【吉田正】

職業:作曲家
受賞理由:作曲による業績

 

【黒澤明】

職業:映画監督
受賞理由:不朽の名作を生み出し、映画界への貢献

 

 

2000年代

【高橋尚子】

職業:陸上選手
受賞理由:2000年”シドニーオリンピック”女子マラソン金メダル

 

【遠藤実】

職業:作曲家
受賞理由:数々の名曲を生み出し、音楽界への貢献

 

【森光子】

職業:女優
受賞理由:長年に渡る芸能界への貢献

 

【森繁久彌】

職業:俳優
受賞理由:長年に渡る芸能界への貢献

 

 

2010年代

【FIFA女子ワールドカップ日本代表】

職業:サッカーチーム
受賞理由:女子ワールドカップ初優勝

 

【吉田沙保里】

職業:レスリング選手
受賞理由:世界大会13連覇

 

【大鵬】

職業:力士
受賞理由:大相撲での功績と貢献

 

【長島茂雄】

職業:プロ野球選手
受賞理由:国民的スタートしてプロ野球やスポーツ界に貢献

 

【松井秀喜】

職業:プロ野球選手
受賞理由:日米プロ野球界での功績と貢献

 

 

 

 

まとめ

今回は、「国民栄誉賞」ってどんな賞なのか?

そして、過去の受賞者を紹介しました。

 

いかがでしたか?

過去の受賞者は何人ぐらいご存知でしょうか。

 

同じ時代に生きているものなら知らない人はいないような著名な方々ばかりですね。

「国民栄誉賞」は、日本における最も名誉な賞と言えるでしょう。


スポンサーリンク

 - 雑学