知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ジープ 新型「コンパス」フルモデルチェンジで2017年発売!

   

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8938

ジープは、小型クロスオーバーSUV「コンパス」のフルモデルチェンジを計画中だ。

気になる発売日は、2017年内になりそうです。

(日本発売は2018年!?)

スポンサーリンク

 

「コンパス」は、ジープブランドで発売されているクライスラーの小型クロスオーバーSUVです。

ジープといえば、ごつい外観に加えて、オフロードの走破性にすぐれるイメージですが、

コンパスは、公道での走行を主とする車両です。

 

この度、新型「コンパス」がブラジルにて発表されました。

新型は、これまでのコンパスとは異なり、完全に新しいモデルとなります。

新型は、ジープ・パトリオットの後継モデルとなり、

「レネゲード」や「チェロキー」の中間の位置付けになるそうです。

 

その外観は、まんま「グランドチェロキー」を思わせるカッコ良いデザインになっているそうで、話題となっています。

そこで今回は、2017年発売のジープ 新型「コンパス」のフルモデルチェンジの詳細に迫ります。


スポンサーリンク

ジープ 「コンパス」とは?

「コンパス」は、ジープブランドで発売されているクライスラーの小型クロスオーバーSUVです。

 

初代は2006年に発売され、主に公道を走行する都会的なエクステリアで人気を博しました。

プラットフォームには、ジープ・パトリオットと共通のクライスラー・MKプラットフォームが採用され、

後期のヘッドライトには、グランドチェロキーのものを流用するなど、

随所にいいとこ取りをしています。

 

 

新型「コンパス」の詳細は?

では、2017年発売の新型「コンパス」はどのような車に生まれ変わるのでしょうか?

 

外観はグラチェロ?

新型コンパスの外観は、

「グランドチェロキー」に似たデザインになるようです。

無骨なデザインという過去のイメージではなく、都会的でスタイリッシュなデザインは継承されるようです。

0d020a43
3e9ad875-s

55e39d96-s

また、サイズですが、

全体的なボディサイズは大きな変化はなさそうです。

・全長×全幅×全高=4,410mm×1,820mm×1,640mm
・ホイールベース=2,630mm

このような標準モデル以外にも全高を20mm高めたオフロードに特化した「trailhawk」モデルもラインナップされるようです。

 

 

内装は?

新型「コンパス」の内観に関しても、

チェロキーの要素を取り入れた、高級SUVといった感じになるようです。

e4836ad4-s-1

c94109f1-s

 

 

エンジンは?

新型「コンパス」のエンジンは、

・2.4L 直列4気筒自然吸気エンジン(最高出力183ps)
・2.0L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力165ps)

となります。

いずれも9速ATが組み合わされますが、

マニュアル・トランスミッションが設定される可能性は薄いと言われています。

 

 

安全装備はある?

ジープなどは、外車の中でも特に安全装備に関しては遅れを取っています。

しかしながらこの度、

・レーダーアシストの自動駐車機能
・アダプティブクルーズコントロール

などの安全装備が搭載されるようです。

 

 

価格は?

新型「コンパス」の気になる価格ですが、

現行モデルからの大幅な変更はなく、

300万〜400万円程度になると思われます。

 

 

まとめ

今回は、2017年発売のジープ 新型「コンパス」のフルモデルチェンジの詳細に迫りました。

日本市場においても人気のある車だけに、その進化には大変期待がかかります。

 

ただ、日本での発売に関しては発売に関しては、

2017? or 2018?

とまだ不明な点は多いのが現状です。今後の続報に期待しましょう。


スポンサーリンク

 -