知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

マツダ「CX-6」3列シートで2017年秋発売予定!?

      2016/10/26

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8911

マツダは、プレマシーの後継車として「CX-6」を発売する予定だそうです。

気になる発売日は、2017年秋頃です。

スポンサーリンク

 

マツダはこれまで、

・プレマシー
・MPV
・ビアンテ

といったといった“3列シート”を売りとした、

ファミリー層へ人気の車を打ち出してきました。

 

しかしながら、MPVは2016年3月に生産が終了となり、

プレマシーやビアンテも近々生産が終了となるようです。

 

その3車の後継となるような形で発売が予定されているのが、

「CX-6」です。

 

何と言ってもその売りは、“3列シート”の7人乗りという点です。

2017年秋頃の発売を予定している「CX-6」とはどのような車なのでしょうか!?

 

マツダの新車情報はこちら
マツダ「アテンザ」フルモデルチェンジで2017年11月発売!


スポンサーリンク

マツダ「CX-6」とは?

「CX-6」はマツダが新型として発売を予定している、

“3列シート”の7人乗りのクロスオーバーSUVです。

 

2016年3月に生産終了となったMPVや、

近日生産終了予定のプレマシーやビアンテの後継車となるようです。

 

これらが生産中止となったのは、

ミニバンよりも世界的にSUV人気が高まっているからであり、

マツダもSUVに力を注ぐためと言われています。

 

「CX-6」の正式な発表は、2017年に開催予定の東京モーターショーが有力とされており、

発表の後の日本発売となりそうです。

 

 

「CX-6」はどんな車になる?

新型として発売される「CX-6」のデザインは、

“マツダ越KOERU”が採用されるようです。

 

また、CX-6には以下の機能が搭載予定です。

・ナチュラルサウンドスムーザー&ナチュラルサウンド周波数コントロール採用
・マルチインフォメーションディスプレイのフルカラー化
・i-ACTIVSENSEの自動ブレーキシステムの進化系
・Gベクタリングコントロール

なお、SUVとなることからスライドドアは非搭載となるようです。

 

注目すべきは、SKYACTIV GEN2″の搭載の有無ですが、

現時点では採用が間に合わないとも言われています。

SKYACTIV GEN2は、「究極の燃焼技術と電動化技術を組み合わせ、劇的に燃費を性能を改善」したものであり、

もし実現すれば、JC08モード燃費20.0km/Lまで燃費向上に期待できます。

 

 

まとめ

今回は、2017年秋頃の発売を予定している「CX-6」について解説しました。

まだまだ分からないことが多い段階ですが、

力を注ぐと言われるマツダのSUVには期待したいところです。

2017年の新車情報はこちら
スバル「XV」フルモデルチェンジ!PHV化で2017年秋発売!?


スポンサーリンク

 -