知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ホンダ「ジェイド」マイナーチェンジで2017年発売!

   

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%896

ホンダは、ミニバン「ジェイド」のマイナーチェンジを計画中だ。

気になる発売日は、2017年を予定しており、

今のところ8月ごろの発売が噂されている。

スポンサーリンク

 

「ジェイド(JADE)」は、

ホンダのミニバンであり、2013年から中国で製造・販売が開始されました。

その後、日本での製造・発売が2015年より開始され、

ステーションワゴンのようなスタイリッシュなフォルムの3列シート(6人乗り)が特徴です。

 

ホンダの中でも人気の

“オデッセイ”や”ストリーム”の実質的な後継車でありますが、

残念なことに売り上げは伸びず、

悩ましい車種となっているのだ。

 

そんな「ジェイド」でありますが、

2017年の夏ごろを目処に、初のマイナーチェンジを果たします。

 

そこで今回は、新型「ジェイド」のマイナーチェンジの詳細に迫ります。

各自動車メーカーの”キャッチコピー”がかっこ良い!


スポンサーリンク

ホンダ「ジェイド」とは?

「ジェイド」は本田技研工業のミニバンであり、

2013年より中国にて、2015年から日本にて製造・販売が開始されました。

 

6人乗りの3列シートを特徴としながら、

全高をタワーパーキング対応ギリギリといわれる1550mmよりもさらに低い1530mmに抑えたスタイリッシュなミニバンとして売り出されました。

 

ホンダの中でも人気の”オデッセイ”や”ストリーム”の実質的な後継車となります。

外観のみならず、スポーティーなハンドリングが魅力であり、走りにも重点を置いた仕様となっています。

 

なお、車名の由来は、

英語で“翡翠(ひすい)”を意味する「ジェイド」だそうです。

 

 

新型「ジェイド」マイナーチェンジの詳細は?

2017年に初のマイナーチェンジを果たすことになる「ジェイド」ですが、

これまで分かっている変更点はどのような点なのでしょうか!?

 

まずは、“エクステリア”の変更があるようです。

フロントバンパー
・フロントグリル
・ドアハンドル
・アロイホイール
・リアバンパー
・リアコンビネーションランプ

などに変更があるようです。

 

さらに、現行ジェイドの売りでもある6人乗りの3列シートに加えて、

5人乗りモデルが追加されると言われています。

それもそのはず、「ジェイド」の売り上げが伸び悩む理由の一つに、

“3列目が狭くて実用性が乏しい”という指摘もあるからなんです。

5人乗りの追加で、この点が解消できるかも売り上げアップのポイントになりそうですね。

 

 

まとめ

今回は、新型「ジェイド」のマイナーチェンジの詳細に迫りました。

まだまだ詳細な情報は少ないですが、

5人乗りが登場すれば、室内空間の拡大に加えて、価格の低下にも期待が出来そうですね。

今後の「ジェイド」の巻き返しに期待です。

ホンダの新車情報はこちら
ホンダ「アコード ハイブリッド」フルモデルチェンジで2017年発売!
ホンダ「CR-V」フルモデルチェンジで2017年発売!


スポンサーリンク

 -