知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

トヨタ「SAI」フルモデルチェンジで2018年発売!?

   

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8946

トヨタは、ハイブリッド専用モデルの「SAI」のフルモデルチェンジを計画しているようです。

気になる発売は、2018年頃ではないかと言われています。

スポンサーリンク

 

「SAI」は、トヨタ自動車が製造・販売するセダンタイプの乗用車です。

プリウスと同様にハイブリッド専用車となります。

 

プリウスの高級版に位置付けられ、

その価格はもちろんのこと、静寂性や加速性などもプリウスの上を行きます。

 

初代が誕生したのは、2009年。

プリウスの上位クラスであるとともに、レクサスのHS250hの姉妹車にも当たります。

 

一部改良やマイナーチェンジなどを行なったものの、

フルモデルチェンジは今回が初で、おおよそ9年ぶりに新型に生まれ変わります。

 

その改良点ですが、現在明らかになっているのは、

・新開発プラットフォーム(TNGA)の採用
・予防安全技術「Toyota Safety SenseP」の搭載

です。

 

今回は、2018年発売予定のトヨタ「SAI」フルモデルチェンジの詳細に迫ります。

トヨタの新車情報はこちら
トヨタ「クラウン」フルモデルチェンジで2017年12月発売!?
トヨタ「ハリアー」ビッグマイナーチェンジ!2017年7月発売!?


スポンサーリンク

トヨタ「SAI」ってどんな車?

「SAI」トヨタ自動車が製造・販売するセダンタイプの乗用車です。

トヨタでは、プリウスに次いで2車種目のハイブリッド専用車です。

また、日本国内専売となっています。

 

プリウスよりも上位モデルに位置し、

レクサスのHS250hとは姉妹車にあたります。

これらとは共通のプラットフォームを採用していますが、

プリウスよりも基本性能に優れ、静寂性や加速の性能の高さも売りとなっています。

 

2009年に初代が誕生し、

2016年10月に現行モデルは生産を終了してます。

 

 

トヨタ「SAI」のフルモデルチェンジの詳細は?

2018年に約9年ぶりのフルモデルチェンジを果たす「SAI」ですが、

フルモデルチェンジでの変化点はどこなのでしょうか?

 

まずは、トヨタが新開発しているプラットフォーム(TNGA:Toyota New Global Architecture)の採用です。

今後のトヨタ車に共通して採用されるプラットフォームで、

コスト削減を果たすことで、商品力の向上に向けることができるとも言われています。

事実、室内空間の拡大や、高い空力性能が実現するなど大きな変化が期待できます。

 

もう一つの点は、予防安全技術「Toyota Safety SenseP」の搭載です。

衝突回避を支援:プリクラッシュセーフティ
車線逸脱の予防:レーンディパーチャーアラート
前方視界支援:オートマチックハイビーム

などがパッケージとなっています。

 

また、ハイブリッドシステムでは、

新型カムリハイブリッドに採用される直4 2.5L ハイブリッドを使用し、

現行モデルはJC08モード燃費19.8km/Lから、

JC08モード燃費28.0km/L前後まで改善が見込めるようです。

 

 

まとめ

今回は、2018年発売予定のトヨタ「SAI」フルモデルチェンジの詳細を分かっている範囲で調べてみました。

いまいち売上の伸びない「SAI」ですが、

巻き返えせるような仕上がりになってほしいですね!

トヨタ 新型 「カムリ」2017年9月にフルモデルチェンジ!新開発のハイブリッドシステム!


スポンサーリンク

 -