知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

トヨタ「エスティマ」フルモデルチェンジで2019年1月発売!?

   

トヨタ自動車は、「エスティマ」のフルモデルチェンジに向けた開発を進めているようです。

気になる発売日は、2019年1月頃と言われています。

スポンサーリンク

 

「エスティマ」は、トヨタ自動車が製造・販売する人気のミニバンです。

“天才タマゴ”というキャッチコピーの通り、

丸みを帯びた外観が特徴的です。

 

初代は1990年に誕生し、

現行車は2006年に販売された3代目となります。

この現行車は2016年にマイナーチェンジを行なったばかりです。

 

アルファードやヴェルファイアなどの人気車の販売に押され、

フルモデルチェンジせずに廃止の方向性もあったようですが、

2019年のフルモデルチェンジに向けて開発が進められているようです。

 

この度のフルモデルチェンジでは、

・新型プラットフォームの採用
・新開発ハイブリッドシステムの採用

などがありますが、特徴的な外観は継承されるようです。

 

そこで今回は、2019年1月頃発売予定のトヨタ「エスティマ」フルモデルチェンジの詳細に迫ります。


スポンサーリンク

トヨタ「エスティマ」とは?

「エスティマ」は、トヨタ自動車が製造・開発をしている大型のミニバンです。

その特徴的な丸みを帯びた外観から、

トヨタ自ら“天才タマゴ”のキャッチコピーで売り出しました。

 

初代は、1990年に誕生し、現行車は2006年に発売した3代目です。

3代目は2016年にビッグマイナーチェンジで大きく生まれ変わったのは記憶に新しいですが、

実は生産終了の噂までありました。

エスクァイアがエスティマの後継車なんていう噂も…

 

しかしながら、なんとか延命し、

2019年1月頃を目安にエスティマのフルモデルチェンジが進められているようです。

 

 

トヨタ「エスティマ」フルモデルチェンジの詳細は?

2019年1月にフルモデルチェンジで発売予定のエスティマはどのように生まれ変わるのでしょうか?

その主要な改良点は、

・新型プラットフォームの採用
・新開発ハイブリッドシステムの採用

と言われています。

 

まず、新型プラットフォームとは、

トヨタが推進しているTNGA(Toyota New Global Architecture)に基づくもので、

FFベースとなり、車体の軽量化剛性の向上が期待されます。

 

ただ、エスティマの最大の特徴である卵型のデザインは継承されるようです。

しかもライバル車に対抗して車体が大幅に低くなる!!

なんて噂もあるようです。

 

新開発ハイブリッドシステムでは、

“2.0ℓハイブリッドシステム”が採用される見通しで、

JC08モード燃費は25km/L前後となるようです。

 

また、先進安全技術では、

“トヨタセーフティセンスP”の採用が濃厚でしょう。

 

 

まとめ

今回は、2019年1月頃発売予定のトヨタ「エスティマ」フルモデルチェンジの詳細に迫りました。

実は、フルモデルチェンジは、2020年という噂もありますが、

2020年はFCV(燃料電池車)版の発売を予定しているそうです。

東京オリンピックに向けて先進技術のアピールということでしょうが、

ライバル車との差別化を図り、売上アップにアップに繋がることを期待したいですね。

トヨタの新車情報はこちら
トヨタ「SAI」フルモデルチェンジで2018年発売!?
日産 新型 「フェアレディZ」フルモデルチェンジで2018年発売!?


スポンサーリンク

 -