知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

日産「エルグランド」自動運転とe-POWERでフルモデルチェンジ!2018年発売!

   

日産は、フラッグシップミニバンである「エルグランド」のフルモデルチェンジを計画中だ!

気になる発売日は、2018年内とされています。

スポンサーリンク

 

「エルグランド」は、日産自動車が製造・販売するワンボックス型の高級ミニバンです。

日本において高級ミニバンの先駆けであり、

高級ミニバン王者とも称されていました。

 

しかしながら昨今では、

トヨタ自動車の姉妹関係にある「アルファード/ヴェルファイア」の2強によってその地位は脅かされ、

完全に王者を陥落しているのです。

 

そんな「エルグランド」は、

2010年より発売されている現行車である3代目から

およそ8年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

 

フルモデルチェンジの詳細は、

・ハイブリッドモデル(e-POWER)の追加
・自動運転技術 プロパイロットの搭載

が目玉であると言われています。

 

そこで今回は、2018年発売予定の日産「エルグランド」フルモデルチェンジの詳細に迫ります。

日産の新車情報はこちら
日産「リーフ」フルモデルチェンジ!自動運転・渡航距離延長で2018年発売!?


スポンサーリンク

日産「エルグランド」とは?

「エルグランド」は、

日産自動車が製造・販売するワンボックス型の高級ミニバンです。

日本国内のみならず、香港やシンガポールなどにも輸出されています。

 

初代の発売は1997年で、

このサイズのミニバンとしては国内で先駆け的な存在であり、

そのシェアはまさに王者というにふさわしい人気を博しておりました。

 

しかし…

現在ではトヨタが発売する販売店が異なる同一車種「アルファード/ヴェルファイア」によって、

完全に王者の座から陥落してしまいました。

ライバル車の動向はこちら
トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」2017年10月マイナーチェンジ!?

 

再び、王者の座に返り咲くために、

この度8年ぶりのフルモデルチェンジ非常に重要な転機となるはずです。

 

なお、「エルグランド」という車名の由来は、

英語で言う所の冠詞である”THE”に相当するスペイン語の“EL”と、

「偉大」を意味する“GRAND”を組み合わせ造語だそうです。

 

 

「エルグランド」フルモデルチェンジの詳細は?

2018年にフルモデルチェンジで生まれ変わる「エルグランド」は、どのように進化するのでしょうか!?

 

大きな目玉としてあげられるのは、

・ハイブリッドモデル(e-POWER)の追加
・自動運転技術 プロパイロットの搭載

です。

 

まず、燃費の向上を視野に入れたハイブリッドモデルの追加ですが、

これは2016年11月に日産「NOTE」に搭載されたe-POWERが採用されるようです。

e-POWERとは、“自ら発電する電気自動車”と称されています。

 

エンジンは発電専用となり、

実質的な駆動は全て電気モーターが行うというシステムで、エンジンの作動時間を短縮し、優れた燃費性能を示します。

 

次に、自動運転技術“プロパイロット”が搭載されるようです。

現在のモデルは、「Piloted Drive 1.0」で、

高速道路の単一レーンの自律走行ですが、

今後は、レーンチェンジや危険物の回避、

さらに東京オリンピックの頃には、市街地の交差点などのナビゲートも可能になると言うことです。

 

 

まとめ

今回は、2018年発売予定の日産「エルグランド」フルモデルチェンジの詳細に迫りました。

トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」の2強の牙城を崩し、

再び王者に返り咲くことはできるのでしょうか!?

そのためには、確実な燃費性能の向上や、自動運転技術のさらなる向上が必須かと思います。

発売が楽しみですね。

ライバル車の動向はこちら
トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」2017年10月マイナーチェンジ!?


スポンサーリンク

 -