知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

トヨタ「オーリス」フルモデルチェンジで2017年12月発売!?

   

トヨタは、ハッチバックタイプの乗用車である「オーリス」フルモデルチェンジを計画中です。

気になる発売日は、2017年12月が予定されています。

スポンサーリンク

 

「オーリス」は、トヨタ自動車が製造・販売しているハッチバックタイプの乗用車です。

日本の他、欧州やオセアニアなどにも発売されており、

世界戦略車として人気を馳せた車です。

 

初代は、2006年から販売され、

カローラの姉妹車の位置付けとなります。

 

おしゃれでスタイリッシュな見た目に加え、

低燃費かつ、走りに関しても高性能なコンパクトカーです。

 

現行車は2代目であり、5年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

新型のプラットフォームによって、

更なる燃費の向上が期待されます。

 

そこで今回は、2017年12月発売予定のトヨタ 新型「オーリス」のフルモデルチェンジの詳細に迫ります。

トヨタの新車情報はこちら
トヨタ「アベンシス」フルモデルチェンジで2017年12月発売!?


スポンサーリンク

トヨタ「オーリス」とは?

「オーリス」とは、

トヨタ自動車が製造・販売するハッチバックタイプ、及びステーションワゴンタイプの乗用車です。

 

初代は2006年に誕生し、

カローラの姉妹車かつ世界戦略車として人気を馳せました。

現行車は、2012年に販売が開始された2代目となります。

 

2016年のマイナーチェンジでは、

欧州仕様で先行販売された“ハイブリッドモデル”を日本導入し、

スタイリッシュな外観や、本格的な走行性能に加えて、

低燃費というエコを実現しました。

 

なお、車名の由来は、ラテン語で”金”を意味する「Aura(オーラ)」からの造語だそうです。

 

 

新型「オーリス」の詳細は?

2017年12月に3代目へとフルモデルチェンジ予定のトヨタ「オーリス」はどのように生まれ変わるのでしょうか!?

 

まずは、近年のトヨタ車ではお馴染みとなっている

新型プラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)」が採用されます。

ボディサイズは若干の拡大が見込まれ、室内空間もより広々とするようです。

 

エンジンのラインナップとしては、

ハイブリッドの1.8L直列4気筒エンジン+モーターと、

ダウンサイジングの1.2L直列4気筒直噴ターボが採用されます。

 

予想される燃費はそれぞれ、

JC08モード燃費35.0km/Lと20.0km/Lとなるようです。

 

さらに、安全装備には現行モデルと同様の「トヨタセーフティーセンスC」が標準搭載されるようです。

 

 

まとめ

今回は、2017年12月発売予定のトヨタ 新型「オーリス」のフルモデルチェンジの詳細に迫りました。

ハイブリッド車が追加されて以降、初のフルモデルチェンジになります。

若者の間でも人気が高く、注目の1台となりそうですね。

その他の新車情報はこちら
日産「リーフ」フルモデルチェンジ!自動運転・渡航距離延長で2018年発売!?
日産 新型「キューブ」フルモデルチェンジ 2018年発売か!?


スポンサーリンク

 -