知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

「シャルコー関節」って何?原因や症状、治療法とは?

   

下肢に存在する関節は、

変形性関節症をはじめとして様々な疾患があります。

その中の一つである「シャルコー関節」をご存知ですか!?

スポンサーリンク

 

「シャルコー関節」

別名:神経病性関節症 とも呼ばれます。

 

荷重関節である足関節や膝関節は、

様々な外力によって破壊変性をきたすことがあります。

 

そのような場合、

通常は痛み刺激を受けて、これ以上関節の破壊や変性が生じないように、

何らかの防御機構が働き、それらを回避します。

 

しかしながら、このような神経の障害によって疼痛を感じなくなってしまったらどうでしょう?

そうです。

疼痛に気がつかずに破壊や変性が進行してしまいますね。

 

これが「シャルコー関節(神経病性関節症 )」です。

今回は、「シャルコー関節」の原因や症状、治療法などを解説します。


スポンサーリンク

「シャルコー関節」とは?

「シャルコー関節」とは、

“疼痛を知覚するための神経の障害によって生じる関節症”

です。

 

人体のすべての関節に生じる可能性がありますが、

繰り返される荷重ストレスを受ける、足趾や足関節や膝関節に生じることが多いようです。

 

脊椎動物の脊椎の中には、脊髄と呼ばれる神経の束が走行しており、

これらの神経が細かく分枝しながら各肢や関節に分布し、

運動や感覚などを司ります。

 

この神経に損傷が生じると、

本来痛みを感じるはずの関節の破壊や変性を知覚することができずに(気づかずに)、

重篤な関節症へ進行する病態です。

(関節症だけでなく、足にできる胼胝の重篤化などもあります)

 

 

「シャルコー関節」の原因とは?

「シャルコー関節」は、

感覚神経に起因する疾患であるため、

これらの神経が障害をきたす疾患に由来します。

 

代表的な疾患としては、

・糖尿病
・梅毒
・脊髄空洞症

などが挙げられます。

いずれも神経を障害させ、痛みを中心とした知覚が鈍り、

関節に負担がかかり続けていることに気がつかないのです。

 

ただ、痛みだけに限らず、

自分の関節が「どれくらい曲がっているのか」、「どれくらいの速さで動いているのか」などを知覚する、

深部感覚などの低下によっても関節症を進行させることがあります。

 

 

「シャルコー関節」の症状とは?

「シャルコー関節」を疑うべき症状が存在します。

 

まず、関節には疼痛が消失または減弱しています。

その上で、関節の破壊が進行している状態です。

 

関節の破壊の進行とは、

極度に腫れていたり、本来曲がらない方向に曲がっていたりする変形などです。

 

このような関節は、水が溜まっていたり、動かすと過剰にグラグラします。

徒手的な確認だけでなく、

実際にはレントゲン検査による骨の破壊や、

MRI検査による脊髄の変性の確認などを行います。

 

 

「シャルコー関節」の治療とは?

「シャルコー関節」に対する治療法は、

根本的には、原因となる神経を障害する原疾患を治療する必要があります。

 

その治療と並行して、

サポーターを使用し変形の助長を予防するなどの装具療法を実施します。

 

しかしながら、多くの関節はすでに破壊され、変形が進んでいるため、

足や膝関節なら「人工関節置換術」に、

脊椎なら「脊椎固定術」などを行い、

関節自体を再建することも少なくありません。

 

各々の手術療法はこちら

【足関節】
変形性足関節症の手術療法とは?どんな種類がある?
変形性足関節症の手術後のリハビリテーションは何をする?

【膝関節】
変形性膝関節症の手術療法「TKA」とは?他にも手術の種類があるの?
UKAってどんな手術?TKAとは違うの?そのメリットは?

【脊椎】
腰部脊柱管狭窄症における手術療法の種類や方法とは?


スポンサーリンク

 - 医療・介護