知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

2018年「メッツァビレッジ」2019年「バレーパーク」飯能にムーミンテーマパークがオープン!

   

ムーミンファンにはたまらないテーマパーク、

「メッツァ」が埼玉県飯能市にオープンすることが予定されています!

 

テーマパーク内にはそれぞれ、

「メッツァビレッジ」が2018年秋に、

「ムーミンバレーパーク」が2019年春にオープンします。

スポンサーリンク

 

 

「メッツァビレッジ」

「ムーミンバレーパーク」

とは、2018年秋に埼玉県飯能市にオープン予定の大型テーマパーク「メッツァ」の中に出来るエリアの名前です。

 

北欧を代表する国、フィンランドの雰囲気を体験できるテーマパークで、

何よりあの「ムーミン」をモデルにしたテーマパークなんです。

ファンにはたまらないテーマパークですね。

 

そもそも「メッツァ(metsä)」とは、

フィンランド語で“森”という意味があり、

ムーミンの森である北欧の森と湖の体験できるそうなんです。

 

「メッツァビレッジ」は、入場無料で公園のような施設、

「バレーパーク」は、ムーミン一家と出会うことができる物語の追体験施設、

といった住み分けがなされているようですね。

 

場所はいずれも埼玉県飯能市の宮沢湖畔になります。

今回は、飯能に2018年秋「メッツァビレッジ」2019年春「バレーパーク」オープン予定のムーミンテーマパークの詳細に迫ります。


スポンサーリンク

テーマパーク「メッツァ」の特徴は?

施設の全体イメージはこのように、

湖を挟んで向かって左側に「ムーミンバレーパーク」が、

右側に「メッツァビレッジ」となります。

 

「メッツァ」のコンセプトは、

・創造
・共有
・解放
・探究
・想像
・挑戦

です。

 

 

「メッツァビレッジ」

「メッツァビレッジ」とは、

2018年秋にオープン予定の入場無料のエリアです。

 

ムーミンの舞台である北欧のライフスタイルを体験できる公園で、

森や湖が再現されるようです。

<メッツァビレッジイメージ ムーミン公式サイトより>

ただの公園というわけではなく、

サウナ併設の宿泊施設や、今流行りのグランピング施設なども完備され、本当にゆっくりと自然を体験できるようです。

 

さらに、北欧の文化を体験するワークショップや、飯能市で取れた野菜や工芸品を扱うショップなども展開されるそうです。

 

 

「ムーミンバレーパーク」

「ムーミンバレーパーク」とは、

2019年春にオープン予定のテーマパークです。

 

ムーミンが暮らしていた屋敷や建物などを再現した施設で、

ファンにはたまらないテーマパークとなります。

<ムーミンバレーパークイメージ ムーミン公式サイトより>

まさにムーミンの舞台を体験できる場所で、

レストランギフトショップなども展開されるようです。

 

 

「メッツァ」の場所は?

「メッツァ」の所在地は、

埼玉県飯能宮沢埼玉県飯能市宮沢431番3外58筆及び湖畔市有地になります。

 

敷地面積は25.7haで、

メッツァビレッジが約6,000㎡

ムーミンバレーパーク約7,000㎡

になると予定されており、若干ムーミンバレーパークの方が広いですね。

 

地図で示すとこの辺りです。

宮沢湖を隔ててメッツァビレッジとムーミンバレーパークが建設されます。

 

 

「メッツァ」のアクセス方法は?

電車

最寄駅は、西武池袋線「飯能駅」です。

東京駅からは、池袋を経由して、池袋から特急にて40分ほどです。

「飯能駅」からは、徒歩で40分ほどかかりますので、

シャトルバスなどが良いされるかもしれないですね。

 

圏央道「狭山日高IC」から約6kmです。

 

 

まとめ

今回は、飯能に2018年秋「メッツァビレッジ」2019年春「バレーパーク」オープン予定のムーミンテーマパークの詳細に迫りました。

名古屋のレゴランドに続いて登場する大型のテーマパークです。

ムーミンというテーマが明確であり、ファンも多いことから十分ヒットする可能性があります。

みんなが楽しめる、人気のテーマパークになって欲しいですね。


スポンサーリンク

 - イベント, ニュース