知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

トヨタ「C-HR」のレクサス版「UX」2018年11月いよいよ発売か!?

      2018/05/10

プレミアムブランドであるレクサスからコンパクトSUV「UX」が発売されるようです。

これがなんとトヨタの人気SUV「C-HR」 のレクサス版なんだそうです。

気になる発売はいつ頃になるのでしょうか!?

スポンサーリンク

 

2018年3月、ジュネーブモーターショーで発表された、

レクサスの新型SUV「UX」

これはあのトヨタの人気SUV「C-HR」のレクサス版なんだそうです。

 

これまでのところ、

・ハイブリッドモデルUX250h
・ガソリンNAのUX200

がラインナップされるようです。

 

気になる発売日に関してですが、

確定的な情報ではないものの、

2018年11月頃ではないかと言われています。

(2018年10月だったり、12月という情報もあります)

 

今回は、2018年末に発売が予定されているトヨタ「C-HR」のレクサス版「UX」の詳細に迫ります。


スポンサーリンク

外観は?

外観はどのようになるのでしょうか!?

 

ジュネーブモーターショーの後、

ニューヨークモーターショーにて公開された画像です。

 

非常に力強い印象で、ずっしりとした安定感を感じます。

特にブロックメッシュのスピンドルグリルは、

精悍さを印象付けます。

 

サイズは、

・全長4495×全幅1840×全高1520mm

・ホイールベース(mm) 2,640

・タイヤ&ホイール 17または18インチ

となるようで、全長や全幅は「CH-R」よりも拡大しますが、

全高は30mmほど低くなります。

ハッチバックとそれほど変わらぬ大きさなのですが、迫力は感じますよね。

 

リアは左右を貫通するコンビネーションランプが際立っています。

 

 

内観は?

上記が「UX」の内装のインパネです。

 

落ち着いた印象ながら上質で高級感を感じます。

ドライビングポジションはやや低めに設定されているようで、

よりスポーティーな走りを体感できるでしょう。

 

ガラス投影式のヘッドアップディスプレイが備わる模様で、

この辺りがトヨタ「C-HR」との違いになりそうです。

この部分には、ナビの案内表示や交通標識を読み取ったものを表示するようです。

 

安全装備は?

レクサス「UX」には、

予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」(レクサス セーフティ システム+)の第2世代版が搭載されるようです。

 

これまでレクサスにおける最新モデルである2017年10月に発売されたレクサスLSに搭載された「レクサス セーフティ システム+A」ではなく、

それぞれ各機能を進化させた次世代版が採用されるとのことです。

 

この「レクサス セーフティ システム+」は、

・プリクラッシュセーフティ
・レーダークルーズコントロール
・アダプティブハイビームシステム
・ロードサインアシスト

などが含まれています。

 

 

価格は?

価格に関してはあくまで予想の域を超えませんが、

レクサス「CT200h」よりは高価格帯に設定されるようで、

 

ハイブリッドモデルのUX250hが450万円前後

ガソリンモデルのUX200が400万円前後ではないかとされています。

 

 

まとめ

今回は、2018年末に発売が予定されているトヨタ「C-HR」のレクサス版「UX」の詳細に迫りました。

高級車でラインナップされることで、

人気のSUVの選択肢がグッと広まった人も多いのではないでしょうか!?

またレクサスの中でもラインナップのなかったクロスオーバーSUVのジャンルということもあって、今後も話題性や、動向が注目されるでしょう!


スポンサーリンク

 -