知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

「フリーフォール」日本で一番怖いのは?

   

スライド34

「フリーフォール」

いわゆる“垂直落下”を楽しむアトラクションです。

単純な構造故に高さこそが”怖さ”を象徴しています。

スポンサーリンク

 

「フリーフォール」とは、

直訳すると“自由落下”となります。

 

物体が重力の影響で、あるがままに落下する運動です

これをアトラクションにしたものが、

絶叫マシン「フリーフォール」ですね。

 

自由落下ということで、

高ければ高いほど、大きな位置エネルギーを有すため、

落下速度や落下時間も長くなり、

直接的に“恐怖”に結びつきます。

 

そこで今回は、

日本にある「フリーフォール」において、その高さをランキングし、最も怖いフリーフォールは何かに迫ります。

ジェットコースターのランキングはこちら
日本最速のジェットコースターは?世界最速は…?


スポンサーリンク

第5位 「ジャイアントドロップメテオ」

ジャイアントドロップメテオは、

大阪府枚方市にある「ひらかたパーク」にあるフリーフォールです。

 

その高さは、50m

ひらかたパーク屈指の絶叫アトラクションでありながら、

園自体が空いているので、フリーパスなら乗り放題だ!

 

 

第4位 「レッドタワー」

レッドタワーは、

山梨県の「富士急ハイランド」に存在するフリーフォールです。

 

その高さは、52m

最高時速は、65km/h

富士山側の席になれば、絶景を眺めながらの垂直落下を味わえます。

 

ただし、絶叫マシンの宝庫である「富士急ハイランド」としては、

他アトラクションに劣るところがあり、

いつか、ずば抜けたスペックのフリフォールの誕生を期待したいところです。

 

富士急ハイランドの4大コースターとは?
富士急ハイランド「FUJIYAMA(フジヤマ)」その高さやスペック、魅力とは?
富士急ハイランド「高飛車」のスペックや混雑状況は?どのくらい怖い?
富士急ハイランド「ドドンパ」その速さやスペックは?
日本一怖い絶叫マシン!富士急ハイランド「ええじゃないか」のスペックや特徴は?

 

 

第3位 「クレージーストン」

クレージーストンは、

東京と神奈川にまたがる「よみうりランド」にあるフリーフォールです。

 

打ち上げ型の「ヒュー」と、

落下型の「ストン」があり、

クレージーヒューストンとして、2基のタワー型マシンが並んで存在します。

 

高さは、58〜60m程度です!

実際には、フリーフォールではなく、

「-2Gの強制落下」を謳っていますが、それほど通常の落下と相違はない感じです。

 

また、ただ落下するだけではなく、

一定の落下区間の後、バウンドする動きが3回入って終わる仕組みになっているので、

単純な落下に飽きた人にはオススメです。

 

 

第2位 「ターボドロップ」

ターボドロップは、

岡山県倉敷市の「鷲羽山ハイランド 」にあるフリーフォールです。

 

高さは、60m

堂々の西日本最高のフリーフォールです。

しかも山の上にそびえ立っているので(海抜200m)、

体感的にはもっと高いように感じます。

 

 

第1位 「ブルーフォール」

ブルーフォールは、

神奈川県にある「八景島シーパラダイス」のフリーフォールです。

 

その高さは、なんと107m

実際には、100m地点からの落下になりますが、

日本においては圧倒的な高さと絶叫度を誇ります。

 

また、世界においても、

第4位にランクインしており、名実とともに日本最高といえるでしょう。

 

詳しいスペックなどはこちらを参照ください!
八景島シーパラダイス「ブルーフォール」|日本最恐の絶叫マシン

八景島シーパラダイスのアトラクションはこちらも
八景島シーパラダイス「サーフコースター・リヴァイアサン」ってどんな乗り物?

 

 

まとめ

今回は、日本にある「フリーフォール」において、その高さをランキングしてみました。

日本においてジェットコースターと比べると、

ややそのスペックが物足りなく感じることもあります。

さらなる絶叫度の高いフリーフォールの誕生を楽しみにしています。

「怖くて乗れない」という人は、こちらを参照ください!
急降下で実践!ジェットコースターの科学的な克服方法!


スポンサーリンク

 - ブーム