知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ホンダ「インサイト」2018年に3代目となって復活!? フルモデルチェンジの詳細は?

   

ハイブリッドカーであり、すでに生産が中止となっているホンダの「インサイト」が、

2018年内に復活する可能性が浮上しています。

スポンサーリンク

 

「インサイト」は、ホンダが製造・販売するハッチバックタイプのハイブリッドカーです。

かつてはプリウスに並ぶ世界最高水準の低燃費を実現し、

後続のハイブリッドカーに多大な影響を洗えました。

 

しかしながら、2代目の販売以降、

徐々に販売台数が減少し、2014年3月に生産・販売が終了していました。

 

そんな「インサイト」が、

2018年に、約9年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たして復活するという噂が浮上しています。

 

そこで今回は、2018年にフルモデルチェンジで復活するホンダ「インサイト」の詳細に関して、現在分かっている情報をまとめます。


スポンサーリンク

ホンダ「インサイト」とは?

「インサイト」は、ホンダが製造・販売するハッチバックタイプのハイブリッドカーです。

 

かつて、ハイブリッドカーとして世界最高水準の低燃費を実現したものの、

価格・燃費共にライバル車であるプリウスに差をつけられ、販売台数は2代目販売以降減少しました。

 

1999年に初代が、

2009年に2代目が販売されましたが、

2014年3月に生産・販売が終了となっていました。

 

車名の由来は、

insight=”洞察力”を意味しており、

「ハイブリッドカーの本格的な普及という新しい時代の到来を洞察する車」という意味が込められているそうです。

 

 

復活「インサイト」フルモデルチェンジの詳細は?

では、2018年にフルモデルチェンジにて3代目へ復活を遂げる「インサイト」の詳細はどのようなものなのでしょうか!?

 

海外メディアでは、インサイトとみられるテスト走行の様子が撮影されており、

プロトタイプは、ホンダのコンパクトセダン「グレイス」をベースにしているようです。

(元々、「グレイス」はインサイトの実質的な後継モデル)

※グレイス

 

ただ、プラットフォームには、

シビックセダンのプラットフォームが採用される見込みであり、

一回りサイズが大きくなり3ナンバーとなるとも予想されています。

 

また、ホンダのシビックにはガソリン車しか存在しないことから、

「インサイト」「シビック」のハイブリッド版となる可能性も考えられます。

 

ハイブリッドシステムに関しては、

日産「ノート」などに採用されているe-POWERと同様のシステムとなり、

エンジンを主に発電用として用い、モーターだけで走る方式が採用されるという見方がされています。

 

また、トヨタの「プリウス」をライバル車とするならば、

大幅な燃費の向上が必須であり、PHVとしてラインナップされる可能性も高いとのことです。

(ホンダのVisionにおいて「電動化技術の導入を強化」をしている)

 

エンジンに関しては、

「クラリティPHV」に採用されるアトキンソンサイクルエンジンの1.5Lが流用されるようです。

 

気になる価格帯ですが、250万円から300万円程度と予想されています。

 

 

まとめ

今回は、2018年にフルモデルチェンジで復活するホンダ「インサイト」の詳細に関して、現在分かっている情報をまとめました。

ハイブリッドの代名詞を「プリウス」から奪還するためには、

低燃費はもちろんのこと、低価格、高い居住性など様々な要素が必要となります。

「インサイト」の巻き返しに注目です。


スポンサーリンク

 -