知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ヤマビルとは?登山の天敵!生息地や対策方法は?

   

Haemadipsa_zeylanica_japonica_in_Mount_Hanabusa_s2

登山といえば夏が最盛期ですが、夏になると注意が必要なヤツがいます。

それが「ヤマビル」です。

特に、丹沢や房総の山では、その出現率は高いと言われています。

スポンサーリンク

 

「ヤマビル」とはどんな生き物なのかご存知でしょうか!?

ヤマビルは、陸に住んでいるヒルです。

ヒルといえば、吸血性であり、人の血を吸うヤツですね!

日本本土では唯一の陸生のヒルなのです。

湿潤で、渓流沿いの山地の森林に生息しているため、登山の際には特に注意が必要と成る、まさしく天敵といえます。

一度血を吸われると、一時間も吸い続けることもあり、出血が止まらず、一ヶ月近くもかゆみが続くそうなのです。

そこで今回は、登山の天敵、ヤマビルとはどんな生き物なのか?

そして、生息地や対策方法などについて調べてみました。

登山の天敵の情報はこちら
熊に遭遇した時の対処法


スポンサーリンク

ヤマビルとは

ヤマビルとは、顎ヒル目ヒルド科のヒルの一種です。

陸に住む唯一のヒルで、吸血性を持ちます。

体長は、2〜5cmで、伸縮性を持ち、伸びた時には、5〜7cmにも及びます。

身体の前後面に吸盤を持ち、匍匐前進のように人や動物に接近し吸着、吸血するのです。

その活動時期は、4月〜11月までとされており、湿潤で、渓流沿いの山地の森林に生息しています。

特に6月〜9月までの湿潤で高温な環境を好みます。

もともとは、より山奥に生息していたそうで、主に鹿や猪の血を吸っていたそうですが、そのような動物が里山に餌を求めるようになったことで、生息地も拡大したそうです。

特に、夏の登山における被害が多いのです。

 

ヤマビルの危険性は

ヤマビルに吸血されるとどうなるのでしょうか。

まず、ヤマビルは、首元や、裾から侵入し、ほぼ感触のないままに一時間以上も吸血し続けることもあります。

一度吸われてしまうと、出血が止まらなくなったり、一ヶ月近くも痒みがおさまらないこともあるようです。

ただ、ヤマビルの唾液には麻酔作用があるため、痛みはあまり感じないそうです。

特別強い毒を持つわけではないですが、稀に強いアレルギーを生じることもあるので、やはり注意が必要です。

 

ヤマビルの生息地は

それでは、ヤマビルとはどの地域に生息しているのでしょうか。

日本では、岩手・秋田県以南の本州から四国や九州に分布しています。また、淡路島や佐渡島、屋久島などの離島などでも生息しています。

登山が盛んな地域では特に、神奈川県の丹沢が生息地としては有名であり、県のホームページでも対策が促されるほどです。

 

ヤマビルの対策とは

それでは、ヤマビルに吸血されないためにはどうすればいいでしょうか。

山に行かないことが一番です!

それはそうですが、夏の登山はやっぱり魅力的です。

以下のような対策があります。

 

露出を最小限にする!

夏だからといって、肌を露出した装備は登山初心者丸出しです。

特に首元、手の裾、足の裾などからヤマビルは侵入してきます。

最低限それらの部位は、抑えましょう!

首にはタオルを。
手の裾にはゴムを。
足の裾にはレッグカバーを。

などなどは基本的な対策となります。

 

登山中の休憩、終了後のチェックは入念に!

露出を最低限にしたところで、ヤマビルは服に付着していることもあります。

また、靴の裏やスパッツなど、足元付近は要注意で付着していることもあります。
わざわざ自分から車の中に誘導してしまっては大変です。

そのため、登山の休憩中や、終了後の衣類のチェックは怠らずに!

 

ヤマビル専用のスプレーを使う!

市販化されているものでも、ヤマビル対策のスプレーが販売されています。

代表的な商品はこれ!

イカす名前ですよね。
効果のほどは使用して実感するべし!

 ◇ヤマビルファイター

 ◇ヤマビルファイター
価格:1,296円(税込、送料別)

 

まとめ

夏の登山の天敵、ヤマビルについて、生息地や対策方法などについて調べてみました。

吸血とは恐ろしい生物ですね…

丹沢への登山の際に限らず生息地は広いので、対策を怠らずに登山を楽しみたいですね!

登山に関する情報はこちら
東海地方の登山!初心者向けのお勧め三山!


スポンサーリンク

 - 雑学