知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

熱性痙攣(けいれん)の原因や症状とは?後遺症はある?救急車は呼ぶべきなの?

   

小さい子供を持つ親御さんは、

「熱性痙攣(けいれん)」を知っておいた方が良いかもしれません。

突然発症し、我が子の異変にパニックになってしまうことが多いからです。

スポンサーリンク

 

「熱性痙攣(けいれん)」とは、

“38℃以上の発熱に伴って乳幼児に生じる発作性の痙攣”

です。

 

特に生後5ヶ月〜6歳くらいの乳児から小児に認められ、

日本では約7%の発症率と言われています。

 

通常の風邪や麻疹、

インフルエンザなどの感染によって高熱が生じた場合に、

未熟な脳に一時的な異常が生じるために発症します。

 

その名前の通り、

痙攣を始めとして嘔吐や意識障害などの症状が出現するため、

熱性痙攣の知識がないと両親はパニックになること必至です。

(知識があってもパニックになります…)

 

そこで今回は、熱性痙攣(けいれん)の原因や症状、後遺症について解説し、救急車などを含めた対処法をまとめます。


スポンサーリンク

熱性痙攣(けいれん)とは?その原因は?

「熱性痙攣」は、

“38℃以上の発熱に伴って乳幼児に生じる発作性の痙攣”

と定義されています。

 

未熟な脳では高熱に伴う電気的な信号のやりとりに異常が生じ、

脳が過剰な活動を引き起こしてしまう、一過性の疾患です。

 

定義にあるように、

風邪や麻疹、インフルエンザのようなウイルスによる高熱が要因となります。

 

この疾患には、家族歴があり、両親や兄弟などに既往を認めることが非常に多いようです。

ただ、そのメカニズムは詳しくは明らかになっていない部分も多いようです。

 

 

熱性痙攣(けいれん)とは?その症状は?

熱性痙攣は、発熱から24時間以内に発症します。

 

意識障害を伴い、

全身のつっぱり(強直)が生じた後に、四肢の痙攣(間代)が生じます。

 

2〜3分程度で発作は治まりますが、

その間は白目を向いたり、焦点が合わなかったり

嘔吐をしたり泡を吹いたりと、見ている側が大丈夫なんだろうかとパニックになってしまうような症状が出現しています。

 

また、発作直後も焦点が合わないことが持続したり、

四肢が脱力していることもあります。

 

 

熱性痙攣(けいれん)の対処法は?救急車は呼ぶべき?

熱性痙攣に関する様々な記事やニュースを散見します。

“冷静に対応する”

“救急性が必要な状態はそんなに多くはない”

“しっかりと観察する”

などのことが言われています。

 

もちろんどれも正論だと思うのですが、

実際にはこの疾患を知っていても知らなくても多くの人が、

この症状を見てパニックに陥ってしまうことも多いのです。

 

冷静云々の前に、

気にせずに「救急車を呼ぶこと」が必要だと思います。

(だって何があるか分からないですからね)

 

ただし、その間にやるべき重要な対処法があります。

症状でも記載したように、

嘔吐などの症状によって、窒息してしまうリスクがあります。

 

そのため、

・衣服を緩める
・平ところで横向きに寝かせる
・口や鼻の周りの吐物を拭き取る

などの対処が必要です。

間違っても、身体を大きく揺すったり、舌を噛まないように口の中に物を入れる(昔はこれをやっていたそう…)などの行為は痙攣を長引かせる恐れもあるので行わないようにしましょう。

 

また、救急隊やその後の診察に備えて、

発熱程度や、痙攣の持続時間、痙攣の様子などを観察しておきましょう。

多くは入院の必要性もなく、点滴などの処置で家に帰れることが多いです。

 

 

熱性痙攣(けいれん)は後遺症が残る?

単純な一過性の熱性痙攣の場合、

後遺症などが生じる可能性は極めて低いとされています。

 

ただ、痙攣が15分以上続いたり、24時間以内に発作を繰り返すなどの熱性痙攣の場合は緊急度が高く、

身体に麻痺が生じたり、意識障害などが残る可能性があります。

(このような熱性痙攣の場合は、脳の神経障害が原因となっている場合があります)

 

 

まとめ

今回は、熱性痙攣(けいれん)の原因や症状、後遺症について解説し、救急車などを含めた対処法をまとめました。

緊急度の低い痙攣なのか、そうでないのかを自己判断するのは非常に難しく、

いずれにせよ受診の必要性もあるため、迷わず救急車を呼ぶべきと考えられます。

また、1度起こした場合は2度目を引き起こすこともあるため、

子供が高熱を出した場合には、それなりの心構えが必要ですね。

小児に生じやすい疾患はこちら
揺さぶられ症候群とは?原因や症状は?後遺症は残る?
エンテロウイルスとは?麻痺などの症状が出現?子供は注意?


スポンサーリンク

 - 医療・介護, 妊娠・出産