知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

富士急ドドンパのリニューアル「ド・ドドンパ」の高さや速さなどのスペックは?

   

富士急ハイランドの新アトラクション「ド・ドドンパ」が、

早くも宙づりのトラブルが発生したようだ。

 

だが、これに懲りて

「怖いからもう乗らない」

と決めつけるのは勿体無いほどのスペックを有しているぞ。

スポンサーリンク

 

富士急ハイランドの新アトラクション「ド・ドドンパ」は、

言わずと知れた人気アトラクション「ドドンパ」の後継です。

 

「ドドンパ」といえば、

スタート直後から急加速し、

一気に加速することが魅力のローラーコースターです。

詳しくはこちら
富士急ハイランド「ドドンパ」その速さやスペックは?

 

この度リニューアルされた「ド・ドドンパ」は、

その加速力をさらに向上させ、パワーアップして復活しました。

 

リニューアルし運行開始されのが2017年7月15日、

しかしながら翌7月16日に宙づりのトラブルが発生し、

一時運行が中止されたが現在は復活しています。

 

こんな事故があると普通は

「怖いからもう乗らない」なんて人もいるかと思いますが、

それではもったいないです。

 

前作を超え、さらなる加速力を身につけて帰ってきた富士急ハイランド「ド・ドドンパ」の速さや高さなどのスペックに迫ります。


スポンサーリンク

富士急ハイランド「ド・ドドンパ」の概要とは?

富士急ハイランド「ド・ドドンパ」は、

言わずと知れた名機である「ドドンパ」の後継です。

 

前作の「ドドンパ」は、

2016年の10月に営業を停止しており、

この「ドドンパ」をバーチャルで再現した「ほぼドドンパ」と言った、

派生機種も誕生していました。

富士急ハイランド「ほぼドドンパ」ってどんなアトラクション?今度はVRに?

 

「ドドンパ」の正当後継である「ド・ドドンパ」は、

2017年7月15日より運行を開始しました。

後述するがその改良点は、自慢の加速力です。

 

なお、「ド・ドドンパ」のキャッチコピーは、

もっとでっかく きっともっと速く。

天上知らずのスピードキング」etc…

 

 

どんな事故だった?

「ド・ドドンパ」が運行開始された7月15日の、

翌7月16日に驚きのニュースが飛び込んできました。

 

乗客が乗車中に一時的に宙づりになったというのだ。

 

詳細を確認するとどうやら、

コースターの車両のパンクが原因で、

コース途中で安全装置によって緊急停車、ループを回り切れずに停止したようです。

 

宙づりとはいうものの、最後は平らなところで静止したようですね。

 

もちろん乗客は怖かっただろうが、

このような事故があると、より点検などにも力が入るためより安全になっていくのでしょう。

 

 

「ド・ドドンパ」のスペックは?

まずは、生まれ変わった「ド・ドドンパ」のスペックを確認しよう。

 

【最高速度】180km/h

【最高速度までの時間】スタートから1.56秒

【ループ高】地上より49m

【ループ直径】39.7m

【全長】1,244m

【乗車定員】8名

【乗車制限】身長130cm以上、年齢は10歳から64歳以下で可能

 

 

まず注目すべきは生まれ変わった加速性能です。

なんとスタートから1.56秒180km/hに達するのです。

これは、前作の172km/hを大きく上回るものです。

 

さらに、直径39.7mは世界最大を誇るというのです。

その他にも、全長の1,244mも前作の1,189mを上回るなど確実に前作を上回っていると言えるでしょう。

 

また、国内においては加速、速度、ループともにトップを誇る

「3つの日本一」の称号を手に入れたのです。

 

富士急のアトラクションはこちら
天空の回転ブランコ「鉄骨番長」とは?どれくらい怖い?富士急ハイランド絶叫アトラクション!
日本一怖い絶叫マシン!富士急ハイランド「ええじゃないか」のスペックや特徴は?

 

 

まとめ

今回は、富士急ハイランド「ド・ドドンパ」の速さや高さなどのスペックに迫りました。

純粋に加速という名のスリルを楽しむことができます。

フジヤマなどの高さとは、また違った魅力が「ドドンパ」シリーズに惹きつけられてしまう理由なのでしょう。

富士急のアトラクションはこちら
富士急ハイランド「FUJIYAMA(フジヤマ)」その高さやスペック、魅力とは?
富士急ハイランド「高飛車」のスペックや混雑状況は?どのくらい怖い?


スポンサーリンク

 - イベント, ブーム