知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ホンダ 新型 「フィット」「フィット ハイブリッド」マイナーチェンジで2016年9月発売!

      2017/01/14

スライド25

ホンダの人気のハッチバックタイプの「フィット」「フィット ハイブリッド」がマイナーチェンジを予定している。

気になる発売日は、2016年9月頃となりそうだ!

スポンサーリンク

 

「フィット」は、ホンダが製造・販売するハッチバックタイプの小型乗用車です。

初代は、2001年より販売を開始、現行車は3代目で2013年から販売されています。

リコール問題が相次ぎ、ライバル車の台頭により、やや伸び悩んでいました。

それでも販売台数はTop10入りを果たし続けている人気車です。

 

2014年の一部改良、
2015年のマイナーチェンジによって、

「あんしんパッケージ」の標準装備や、エクステリアの変更やボディカラーの追加、快適装備の充実などを果たしました。

今回のマイナーチェンジでは、期待されていたラインナップの変更はないようですが、

1.0L 3気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載する可能性があります。

 

そこで今回は、2016年9月発売のホンダ 新型 「フィット」「フィット ハイブリッド」のマイナーチェンジの詳細を解説します。

ホンダの新車情報はこちら
ホンダ 新型「グレイス」2017年6月マイナーチェンジで発売予定!?
ホンダ「アコード ハイブリッド」フルモデルチェンジで2017年発売!


スポンサーリンク

フィットとは?

フィットは、ホンダが製造・販売するハッチバックタイプの小型乗用車です。

2001年より販売を開始、現行車は3代目で2013年から販売されています。

ハイブリッドモデルは、2010年に2代目フィットをベースに販売が開始され、現行車は2代目で2013年にフルモデルチェンジを果たしました。

部品の不具合などで、幾度かのリコールを繰り返していますが、運転のし易さや広い室内空間、万人ウケする外観など、根強い人気があり、販売台数はTop10入りを果たし続けています。

ライバル車は、トヨタのヴィッツやアクア、パッソ、マツダのデミオや、日産のキューブなどです。

ちなみに「フィット」の車名の由来は、「ぴったり」という意味のフィットです。

 

 

「フィット」マイナーチェンジの詳細は?

2016年9月頃に予定されている「フィット」のマイナーチェンジですが、

その改良点はどのあたりにあるのでしょうか!?

この度のマイナーチェンジでは、期待されていたラインナップの変更はされないようです。

今回のマイナーチェンジでは、

1.0L 3気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載する可能性があり、

ダウンサイジングとターボの組み合わせにより、

燃費と走行を両立した走りが期待できます。

これによって、JC08モード燃費30km/L前後となるようです。

さらに、ハイブリッドモデルに関しても、スポーツハイブリッド「i-DCD」の改良によって、

ライバル車の「アクア ハイブリッド」の37.0km/Lを超える

JC08モード燃費37.2km/L前後まで引き上げられるようです。

ホンダの新車情報はこちら
ホンダ 新型「シビック」4ドアセダン 2017年8月に日本発売!?
ホンダ新型「シャトル ハイブリット」マイナーチェンジで2016年11月発売!?

 

 

まとめ

今回は、2016年9月発売のホンダ 新型 「フィット」「フィット ハイブリッド」のマイナーチェンジの詳細を解説しました。

エンジン性能の向上がメインのようですが、一つ気になるのは先進技術「Honda SENSING」の搭載です。

今後のホンダの新型車種には、ほぼ全てに「Honda SENSING」が搭載される流れもあるようで、今回のマイナーチェンジでも搭載の可能性もあるようです。

ホンダ注目の新車情報はこちら
ホンダ「N-BOX(エヌボックス)」フルモデルチェンジで2017年10月発売!


スポンサーリンク

 -