知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ダイハツ「ビーゴ」フルモデルチェンジで2017年夏頃発売!?

      2017/01/14

スライド7

ダイハツは、小型SUVである「ビーゴ」のフルモデルチェンジを計画中だ。

気になる発売日は、2017年の夏頃と言われている。

スポンサーリンク

 

「ビーゴ」は、ダイハツ工業が製造・販売している小型SUVです。

もともとは、「テリオス」の後継車として、2006年に誕生しました。

トヨタの「ラッシュ」は、OEM供給モデルです。

 

2016年夏には、トヨタの「CH-R」が販売を開始する煽りを受けて、

一時期には、生産が中止されるとの話がありました。

 

しかしながら、丸11年を迎える2017年にフルモデルチェンジを迎えるという噂が浮上しています。

これは、2015年にインドネシアで開催された「2015 Gaikindo Indonesia International Auto Show」で披露された

【FXコンセプト】コンセプトモデルになると言われている。

 

また、ハイブリッドモデルの追加!?….

などといった噂も出ており、本当であったら大いに楽しみな一台になりそうです。

 

そこで今回は、2017年夏頃発売予定のダイハツ「ビーゴ」フルモデルチェンジの詳細を紹介します。

トヨタの新車情報はこちら
トヨタ「カローラフィールダー」フルモデルチェンジで2018年1月発売!?


スポンサーリンク

ダイハツ「ビーゴ」とは?

「ビーゴ」は、ダイハツ工業が製造・販売している小型SUVです。

2006年に初代が誕生して以来、新型は発表されておらず、初代が現行車となります。

2014年に2WD車を廃止するなどで、その販売台数は下降傾向にある。

トヨタの「ラッシュ」は、OEM供給モデルであります。

 

 

新型 ダイハツ「ビーゴ」の詳細は?

まだまだ明らかになっていないことが多く、噂のレベルであります。

エンジンに関しては、

【1.2L 直4 DOHC(8NR-FTS)】を搭載する予定だそう。

これは、トヨタの新型おーりすなどにも搭載されているエンジンです。

最高出力:85kW(116PS)/5200-5600rpm
最大トルク:185Nm(18.9kgm)/1500-4000rpm

であり、気になるJC08モード燃費は16km/Lとなっています。

 

さらに、気になるのは、ハイブリッドモデルの追加です。

噂では、JC08モード燃費:30km/Lを目指して開発されているとのこと…

 

 

まとめ

今回は、2017年夏頃発売予定のダイハツ「ビーゴ」フルモデルチェンジの詳細を紹介しました。

実際には、本当に販売されるのか!?

まだまだ噂のレベルではあります。

「CH-R」の煽りを受け、ラッシュ共々消滅してしまうのか、それとも新型に生まれ変わるのか!?

今後の情報を待ちましょう。

ダイハツの新車情報はこちら
ダイハツ「タント」フルモデルチェンジ!軽量化 & 燃費向上で2017年9月発売!?


スポンサーリンク

 -