知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

スバル「レヴォーグ」マイナーチェンジでD型へ!2017年6月発売!?

      2017/03/14

スバルブランドを展開する富士重工は、人気のステーションワゴン「レヴォーグ」のマイナーチェンジを計画中だ。

気になる発売日は、2017年6月頃となりそうだ!

スポンサーリンク

 

「レヴォーグ」は、スバルブランドを展開する富士重工が製造・販売するステーションワゴンです。

これまで、スバルのフラッグシップモデルであった、

「レガシィ」の後継車として2014年に発売が開始されました。

 

発売の同年にグッドデザイン賞を受賞したり、

“アイサイトVer.3”の搭載によって、

予防安全性能においても高い評価を得ています。

 

そんな「レヴォーグ」は年次改良として2017年6月に発売される予定なのですが、

この度のマイナーチェンジでは、

D型に生まれ変わり、新型のアイサイトVer.4が搭載される予定だそうです。

 

そこで今回は、2017年6月発売のスバル「レヴォーグ」マイナーチェンジの詳細に迫ります。

スバルの新車情報はこちら
スバル「レガシィ B4」マイナーチェンジで2017年10月発売!?


スポンサーリンク

スバル「レヴォーグ」とは?

「レヴォーグ」は、

スバルブランドを展開する富士重工の人気のステーションワゴンです。

スバルのフラッグシップモデルであった「レガシィ」の後継車となります。

 

基本設計においては、4代目であるインプレッサをベースとしており、

スバル伝統の水平対向4気筒を採用、

ボディサイズはレガシィツーリングワゴンよりもやや全長や全高を短縮しました。

 

初代は2014年6月に販売が開始され、

同年にはグッドデザイン賞を受賞しています。

同時に、“アイサイトVer.3”の搭載によって、

予防安全性能においても高い評価を得ています。

 

なお、車名の由来は、

LEgacy」(遺産・伝承物)

「reVOlution」(改革)

「touRinG」から作られた造語です。

 

 

「レヴォーグ」マイナーチェンジの詳細は?

2017年6月マイナーチェンジで発売予定の「レヴォーグ」はどのように改良が加えられるのでしょうか!?

 

D型に生まれ変わることによって、

予防安全性能でも高い評価を得ている“アイサイトVer.3”が、

“アイサイトVer.4”に生まれ変わるようです。

 

この新Ver.では、

「TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)」と呼ばれる自動運転システムが搭載されており、

・高速道路の渋滞時追走機能
・渋滞時カーブ追従
・全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御

などが可能となるようです。

 

さらには、

“車線中央維持機能とアクティブレーンキープの機能作動条件が現在の約65km/h以上から0km/h以上に改善”

されるようです。

 

この“アイサイトVer.4”ですが、

実はまだこの名称自体明らかではないので、(仮)ということになります。

ただ、おそらく新型のアイサイトはマイナーチェンジされたレヴォーグに初搭載という見方が有力ですね。

スバルの新車情報はこちら
スバル「フォレスター」プラグインハイブリッドを追加で2018年3月フルモデルチェンジ!?

 

 

まとめ

今回は、2017年6月発売のスバル「レヴォーグ」マイナーチェンジの詳細に迫りました。

スバルは、2016年の日本カーオブザイヤーを受賞した「インプレッサ」で、

世界的にも大変な話題になりました。

今後もスバルの勢いから目が離せませんね。

日本カーオブザイヤー受賞の「インプレッサ」ってどんな車?どんな魅力がある?


スポンサーリンク

 -