知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ダイハツ「ビーゴ」2018年10月フルモデルチェンジで復活!?

      2017/10/14

生産が終了していたダイハツの小型SUV「ビーゴ」が、フルモデルチェンジで復活するとの噂が…

気になる発売日は、2018年10月頃となるようだ。

スポンサーリンク

 

「ビーゴ」は、ダイハツが製造・販売していた小型のSUVです。

CMのキャッチコピー“ゴツかわいい”が示すように、

フォルムはごついながらも可愛らしいデザインが特徴です。

各自動車メーカーの”キャッチコピー”がかっこ良い!

 

「ビーゴ」は2006年から販売が開始されましたが、

2014年10月に2WD車の販売終了

2016年3月に4WD車の販売が終了しました。

 

しかしながら2017年10月開催の東京モーターショーで、

ビーゴの後継車にあたる「DN TREC」を公開、これこそが次期ビーゴになる可能性が高いと言われています。

 

今回は、2018年10月頃にフルモデルチェンジで復活予定のダイハツ「ビーゴ」の詳細に関して分かっている情報をまとめます。


スポンサーリンク

ダイハツ「ビーゴ」とは?

「ビーゴ」は、ダイハツ工業が製造・販売していた小型のSUVです。

同社の「テリオス」の後継車で、トヨタの「ラッシュ」はOEM供給されている姉妹車にあたります。

 

小型ながらごついフォルム、そして可愛らしいデザインが特徴で、

実際にモノコックボディにラダーフレームを組み込むなど、

衝突に対する安全性能にも定評があります。

 

「ビーゴ」は、2006年に「ラッシュ」とともに発売され、

その後、マイナーチェンジや一部改良を施されてきましたが、

2014年10月に2WD車の販売終了、

2016年3月に4WD車の販売が終了していました。

 

実質的にダイハツにおける国内の普通車登録SUVが消滅しましたが、

直接的な後継車ではないものの、「キャスト(アクティバ)」が間接的ながら後継車の扱いとなっています。

 

 

ダイハツ「ビーゴ」とは?

2018年10月頃にフルモデルチェンジで復活を遂げる「ビーゴ」ですが、

どのような進化を遂げるのでしょうか!?

 

コンセプトモデルである“DNトレック”をみると、

小型でありスタイリッシュなデザインながら、力強さも感じ、普段使いのみならず、

アウトドアにも活躍できそうです。

サイズは、全長3980mm×全幅1695mm×全高1600mmであり、

取り回ししやすいコンパクトサイズですね。

 

気になるエンジンですが、

1.2L 直4 DOHC(8NR-FTS)を搭載する予定であり、

噂ではハイブリッドモデルもラインナップされるそうです。

 

排気量は先代の「ビーゴ」よりも小型化されるようですが、

走行性能自体は大きく進化するはずです。

 

これまでのところ、

ハイブリッド車におけるJC08モード燃費は、30km/Lになるのではないかと言われています。

 

価格に関しては、予想の域ですが、

ライバル車の動向を踏まえて200万円未満に設定されるのではないかと見られています。

 

 

まとめ

今回は、2018年10月頃にフルモデルチェンジで復活予定のダイハツ「ビーゴ」の詳細に関して分かっている情報をまとめました。

まだ、車名が「ビーゴ」になるとも分かっていない状況ですが、

小型のSUV市場は需要も高くライバル車も多いです。

普段使いからちょっとしたアウトドアまで多様なニーズに応えることができそうなので、発売が非常に楽しみですね。


スポンサーリンク

 -