知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

美容院やラーメン屋の休み(定休日)は法則があるの?その理由とは?

   

「美容院」「ラーメン屋」など、ある程度、定休日に法則性があるような業界ってありますよね。

あくまで個人経営の飲食店や商売屋さんたちであっても、

例外ではないと思うのですが、その理由などに疑問を持ったことはありませんか?

スポンサーリンク

 

「明日休みだから髪を切りに行こう」

そう思い立った時に、

「あっ、明日は火曜日だ…」

 

そうです。

関東にあるほとんどの美容院火曜日が休みなんです。

そのため、違う店でと思っても多くの店舗が同じような状況で、

せっかく髪の毛を切りに行けるタイミングを逃したという人は少なく無いのでは無いでしょうか!?

 

同様に言えるのが、ラーメン屋です。

たまの振替休日の月曜日に、

「そうだ、ラーメン屋に行こう」

と思っても、美容院ほどでは無いにしろ、老舗などは特に月曜日に休みが集中しているような気がしてなりません。

 

このように、ある程度、定休日に法則性があるような業界ってありますよね。

大規模なチェーンならまだしも、

個人経営の店舗でも同様のことが言えるのですが、この理由って知っていますか!?

 

今回は、気になる「美容院」や「ラーメン屋」、または特定の業界における定休日の法則性などを調べてみました。


スポンサーリンク

「美容院」の休みの法則性とその理由とは?

「美容院」の定休日には、

曜日の法則性と、地域性があるのでまずそちらを確認します。

 

【定休日】

・関東:火曜日

・関東以外の全国:月曜日

が多いようです。(もちろん絶対ではありません)

 

通常の会社員は土日休みが多いので、

土日に営業するのは納得いきますが、

なぜ、月曜日または火曜日休みが多いのでしょうか?

 

実はその理由は、戦時中にまで遡るようです。

戦時中は電気が非常に貴重で、不足してしまうこともあったそうです。

そこで日本では電気を停止させる“休電日”を設けたそうで、電気がなくならない仕組みを作りました。

 

電気を多く使う美容院は、休電日には営業ができないので休みになったそうです。

ここまでくるとお分かりかと思いますが、

この休電日こそが、関東では火曜日、それ以外の全国では月曜日だったそうで、

その名残が今でも色濃く残っているということです。

 

 

「ラーメン屋」の休みの法則性とその理由とは?

さて、ではラーメン屋はどうでしょうか!?

 

多くのラーメン屋において、

定休日として多いのは“月曜日”です。

 

ただしこのラーメン屋に関しては、

調べてみるとはっきりとした法則性はなく、あくまで体感的なもののようです。

 

しかしながら、多くの人がそう思っている事実があるのは確かです。

当然ながら通常の会社員の休みであり、家族で飲食店へ出かけるであろう祝・休日が営業するのは当たり前のように感じます。

 

その忙しい週末をやりきって、翌日休むというのは考えてみれば当たり前のような気もしますね。

 

 

その他の業種の定休日は?

「美容院」や「ラーメン屋」のみならず、

以下の業種もある程度決まった定休日の法則性があります。

 

銭湯

銭湯は、月曜日を定休日とするところが多いです。

 

日曜日には、翌日以降の出勤に備えて利用する人が多かったようですが、

仕事が始まる月曜日には利用客が少なかったことが由来するそうです。

 

花屋さん

花屋の定休日は木曜日とするところが多いそうです。

 

これは、仕入れ元である市場が日曜日と木曜日を定休日とすることが多いからだそうですが、

最近では水曜日を定休日とするところも増えているそうです。

 

不動産

不動産は、水曜日を定休日とするところが多いようです。

 

物件探しは土日に行うことが多く、

その契約を月曜日や火曜日に行うため、水曜日が暇になるということが由来しているそうです。

 

また、水曜日は“契約を水に流す”ということを恐れて(縁起を担いで)、水曜日を定休としているそうです。

 

 

まとめ

今回は、気になる「美容院」や「ラーメン屋」、または特定の業界における定休日の法則性などを調べてみました。

なんとなく思っていた疑問にも、相応の理由があるんですね。

その裏をついて、営業したら、同業者を出し抜いて儲かるような気もしなくも無いかと考えてしまいますね。


スポンサーリンク

 - 雑学