知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

マラソンってなぜ42.195kmなの?意味や由来は?その雑学とは?

   

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8942

「マラソン」

と聞くと一歩引いてしまうのはなぜでしょうか?

それは、皆がマラソンの距離“42.195km”を知っているからです。

スポンサーリンク

 

健康ブームの昨今では、

皇居周辺をランナーで埋め尽くし、

東京マラソンといった人気のマラソンでは、

参加するだけで抽選という関門を突破する必要があります。

 

さて、マラソンの距離といえば、

“42.195km”ですよね。

 

多くの人が知っている事実だと思います。

でも、42.195kmってなんか中途半端ですよね!?

 

一体なぜ、こんな中途半端な距離になったのでしょう?

その由来や意味に迫ります。

足の甲の痛み「長母趾伸筋腱炎」とは?ランニングやマラソン愛好者に好発!
トレイルラン|走り方の基本|初心者でも出来る


スポンサーリンク

マラソンが42.195kmの由来とは?

マラソンが42.195kmになった由来は、

第4回のロンドンオリンピックにまで遡るそうです。

 

そもそもマラソンとは、

紀元前490年、ギリシャのマラトンの戦いにおいて、

マラトンに上陸したペルシャ軍をアテナイ軍が破った勝利の一報を、

兵士が走ってアテナイに伝えた故事に由来します。

なんとその距離が40kmだったそうです。

 

このことに由来し、第1回アテネオリンピックでは、

長距離レースを実施したのですが、その距離は36.75kmだったそうです。

 

その後、第4回のロンドンオリンピックにおいて、

その当時40km前後をマラソンの距離としていたものを、

当時の王妃であるアレクサンドラが、

「スタートの瞬間を城の窓の外から、ゴールの瞬間を競技場のボックス席で見たい」

このように言ったことから、距離が42.195kmとなったそうです。

 

こんな大昔から、そしてこんなわがままから現在の42.195kmになったのには非常に驚きですね。

 

 

マラソン以外の距離は?

マラソンは一般的に“フルマラソン”と呼ばれ、

フルマラソンこそが42.195kmとなります。

 

市民マラソンなどでは、

マラソンの半分のハーフマラソンや、マラソンの1/4の距離のクォーターマラソンなどもあり、

ハーフマラソン=21.0975km

クォーターマラソン=10.54875km

という厳密な距離が規定されています。

 

さらに、フルマラソンよりも長い距離のマラソンとして、

ウルトラマラソンというレースもあります。

具体的な距離は規定されておらず、

フルマラソンの42.195kmよりも長い距離のマラソンのことをいうそうです。

そのため、100kmや24時間走などの脅威的なマラソンが存在するのです。

 

 

まとめ

今回は、マラソンの距離である42.195kmの意味や由来について解説しました。

「本当にこんなに厳密に測っているの?」

と疑問に思う人もいるかもしれませんが、もちろん測っています。

ただ、公認レースとしても、それよりも長ければ良いので、必ずしもぴったりであるとは限らないそうですよ。

マラソンの雑学はこちらもどうぞ
「ジョギング」「ランニング」「マラソン」の違い!
走ると横腹が痛い|原因と対策


スポンサーリンク

 - スポーツ, 雑学