知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

ダイハツ「ミラココア」2018年8月フルモデルチェンジで2代目へ!

   

ダイハツは、可愛いが代名詞でもある軽自動車「ミラココア」フルモデルチェンジを計画中だ!

気になる発売日は、2018年8月のようだ!

スポンサーリンク

 

「ミラココア」は、

ダイハツ工業が製造・販売しているハッチバック型の軽自動車です。

その名の通り、人気のミラシリーズの派生モデルであります。

 

「ミラココア」の特徴は何と言っても、

可愛らしいフォルムと低燃費が売りの軽自動車で、

女子に絶大の人気を誇ります。

 

2009年に発売されて以降、

これまでに2016年にフルモデルチェンジの話題がありましたが、

ここでのフルモデルチェンジはされず、

発売から丸9年経っての2代目へのフルモデルチェンジとなりそうです。

 

この度のフルモデルチェンジの詳細としては、

・新型のプラットフォームの採用
・スマートアシストⅢ

が主要な部分として挙げられます。

 

今回は、2018年8月フルモデルチェンジで2代目へと生まれ変わるダイハツ「ミラココア」の詳細について解説します。


スポンサーリンク

ダイハツ「ミラココア」とは?

「ミラココア」は、

ダイハツ工業が製造・販売しているハッチバック型の軽自動車です。

 

名前はもちろんのこと、

とにかく可愛らしいフォルムやカラーで女性から支持されている車です。

 

それもそのはず、

2009年に初代が発売されたのですが、

「ミラココア」は、2008年に生産を終了した人気の「ミラジーノ」の後継車でもあるのです。

そのため「ミラジーノ」の持つ、レトロな印象も継承していますよね。

 

しかしながらただ可愛いだけではなく、

低燃費にも定評があり、リッター29kmという驚くべき数字を持っているのです。

 

そんなダイハツ「ミラココア」は、

2018年8月に初のフルモデルチェンジを果たし2代目へと進化を遂げるのです。

 

 

ダイハツ「ミラココア」フルモデルチェンジの詳細は?

2018年8月フルモデルチェンジで2代目となるダイハツ「ミラココア」はどのように生まれ変わるのでしょうか!?

 

主要な変更点は以下の2点になりそうです。

①新型のプラットフォームの採用
②スマートアシストⅢの採用

 

①新型のプラットフォームの採用

新型「ミラココア」に採用されるのは、

新開発のプラットフォーム“DNGA(Daihatsu New Global Architecture)”です。

(親会社でもあるトヨタの採用する“TNGA(Toyota New Global Architecture)”をもじったプラットフォーム名ですね。)

 

すでにミライースに採用されており、

車両の軽量化やトランスミッションやエンジンの改良によって、

さらなる燃費の向上が期待できるそうです。

おおよそJC08モード燃費32.0km/L前後となることが予想されます。

 

なお、デザインに関してですが、

特徴である可愛いデザインは崩さずキープコンセプトであること、

キャストがあるため、噂されるSUVスタイルは設定されないだろうと予想されています。

 

 

②スマートアシストⅢ

「ミラココア」には、

最新の安全運転支援装備である“スマートアシストⅢ”が搭載される予定です。

 

すでにダイハツのタントやミライースに搭載されたモデルで、

単一カメラであったⅡを改良して2つのカメラで車両や歩行者を感知します。

また、オートハイビーム機能を有すなど進化しています。

 

 

まとめ

今回は、2018年8月フルモデルチェンジで2代目へと生まれ変わるダイハツ「ミラココア」の詳細について解説しました。

車離れが進む今、女子の目を引くのはやはり可愛さも重要な要素です。

かつ、更なる低燃費が実現すれば実用性もグッと増すことでしょう。

どんな可愛い車が生まれてくるのか、非常に楽しみですね。

ダイハツの新車情報はこちら
ダイハツ「ムーヴ」フルモデルチェンジで2018年12月発売!?


スポンサーリンク

 -