知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

マツダ「アクセラ」ビッグマイナーチェンジ!2016年7月14日発売!

      2016/10/06

スライド21

マツダの人気乗用車である「アクセラ」ビッグマイナーチェンジを行う予定だ。

発売日は、2016年7月14日に決定した!

スポンサーリンク

 

「アクセラ(AXELA)」は、マツダ製造・販売する人気の乗用車です。

日本国外向けとしては、「Mazda3」として販売されている。

マツダの代表的車種であり、どちらかというと日本よりも海外にて高い評価を受けています。

初代は、2003年にファミリアに変わる世界戦略車として販売が開始されました。

現行車は、2013年から発売されている3代目となります。

 

今回のビッグマイナーチェンジでは、

「1.5Lディーゼルターボエンジン搭載」が目玉となっています。

欧州においては、年末くらいの追加と言われていますが、日本では7月のビッグマイナーチェンジで追加されるようです。

そこで今回は、2016年7月14日発売のマツダ「アクセラ」ビッグマイナーチェンジの詳細に迫ります。

マツダの新車情報はこちら
マツダ新型「スピードアクセラ」2017年に発売予定!


スポンサーリンク

マツダ「アクセラ」とは?

「アクセラ」マツダが製造・開発する乗用車です。

マツダの中では、小型車に位置付けられていますが、車体やエンジンの排気量から、他者における中型車にあたり、

ライバル車は、スバル「インプレッサ」トヨタ「オーリス」などが当たります。

スバル|新型「インプレッサセダン」|フルモデルチェンジ|2016年12月発売
トヨタ新型「オーリスハイブリッド」2016年8月発売へ!?

マツダの代表車種であるものの、日本での人気よりも国外での評価が高いようです。

初代は、ファミリアに代わる世界戦略車として2003年に発売されました。

現行車は、2013年に発売された3代目となります。

なお、車名の由来は、「Accelerate(加速する)」+「Accelerator(アクセル)」+「Excellent(卓越した)」を語源とした造語だそうです。

 

 

「アクセラ」ビッグマイナーチェンジの詳細は?

2016年7月14日の発売が決定したマツダの新型「アクセラ」ですが、その改良点はどのような点なのでしょうか!?

 

まずは、何と言っても、

SKYACTIV-D 1.5 1.5L DOHC デーゼル直噴ターボエンジンを追加することです。

現行のラインナップは、

・SKYACTIV-G 2.0 2.0L DOHC ガソリンエンジン
・SKYACTIV-G 1.5 1.5L DOHC ガソリンエンジン
・SKYACTIV-D 2.2 2.2L DOHC デーゼル直噴ターボエンジン
・SKYACTIV-HYBRID

となっており、今回のディーゼルエンジンの追加によって、ディーゼルモデルの選択肢が拡がります。

気になる燃費に関してですが、JC08モード燃費は、21.6km/Lだそうです。

 

さらに、エクステリアにおいても大幅な変更があるようです。

・フロントバンパーなどの形状を変更
・ナンバープレートとエンブレム位置をやや下に変更
・ディスチャージヘッドランプのLED化

などが挙げられています。

加えて、噂の領域ではありますが、

電動パーキングブレーキが採用されるのではないかとの情報もありますが、グレード別装備となるのが有力です。

 

ちなみに価格ですが、新しい1.5L ディーゼルエンジングレードでは、

15XD 230,3万円
15XD PROACTIVE 243万円
15XD L-Package 268,9万円

程度となるようです!

マツダの新車情報はこちら
マツダ 「CX-5」フルモデルチェンジで2017年1月発売!?
マツダ 新型 「ロードスターRHT」2016年12月発売!RHTって何…?

 

 

まとめ

今回は、2016年7月14日発売のマツダ「アクセラ」ビッグマイナーチェンジの詳細に迫りました。

近々、新型のスピードアクセラ投入も噂されており、

ますます、マツダのアクセラから目が離せません!


スポンサーリンク

 -