知りたい情報BLENDブログ

あらゆるジャンル,ニュース,役立つ知識を共有!あらゆる情報に目を向ける総合サイト!

*

トヨタ「RAV4」フルモデルチェンジで復活!2019年国内発売開始!

   

クロスオーバーSUV車の元祖とも言われるトヨタの「RAV4」が、フルモデルチェンジで国内にて復活するそうだ。

気になる発売日は2019年になるそうです!

スポンサーリンク

 

「RAV4」は、

トヨタ自動車が製造・販売していたクロスオーバーSUVです。

クロスオーバーSUVの元祖とも言われ、

「RAV4」を先駆けとして、クロスオーバーSUVが発展していったといっても過言ではありません。

国内問わず世界戦略車として海外でも発売されている車種です。

 

「RAV4」は、海外では世界200カ国で使用されるも、

国内においては2016年に生産が終了となりました。

その後は、後継車種である「C-HR」へとその後を譲りました。

 

そんな「RAV4」も、

2017年12月のロサンゼルスモーターショーで公開され、

その後、2019年にフルモデルチェンジを経て国内に再投入されるそうなんです。

 

そこで今回は、2019年に復活する「RAV4」のフルモデルチェンジの詳細に迫ります。

トヨタの新車情報はこちら
トヨタ 新型「ハイエース」15年ぶりのフルモデルチェンジ!2019年発売!?


スポンサーリンク

トヨタ「RAV4」とは?

「RAV4」は、トヨタ自動車が製造・販売していたクロスオーバーSUVです。

 

1994年に初代が誕生し、

その後は、2000年、2005年、2013年とフルモデルチェンジを繰り返し、

2016年に現行車である4代目が生産終了となりました。

 

コンパクトなクロスオーバーSUVとして人気を集め、

世界戦略車として国内のみならず、世界200カ国で使用されるなど絶大な人気を誇りました。

特にオフロードの多い海外で人気が高く、コンパクト故の小回りの効きやすさも魅力となっています。

(世界では最も売れているSUV車です)

 

国内においてはクロスオーバーSUVの先駆けとして、クロスオーバーSUV市場の活性化に一役買い、

革命的な役割を果たしたと言えます。

ただし、日本においては、日本人の求める“燃費の良さ”などにおいてニーズと合致しない部分もあり、生産が終了したとも言われています。

 

なお、「RAV4」の車名の由来は、

Recreational Active Vehicle 4Wheel Drive”の頭文字をとったものです。

 

 

「RAV4」フルモデルチェンジの詳細は?

2019年、国内においてフルモデルチェンジを経て復活予定の「RAV4」ですが、

どのような進化を遂げるのでしょうか?

 

大雑把には現行車に近いモデル、いわゆるキーコンセプトであるだろうと言われています。

プラットフォームに関しては、トヨタでお馴染みの“TNGA”が採用されることが予想されます。

 

ボディサイズは現在よりも拡大し、

「C-HR」との差別化を図るために3列7人乗りのシートが採用される可能性も示唆されています。

これは、トヨタであればランクルやプラドなんかが採用していますね。

 

デザインは、トヨタのアイコンである「キーンルック」が強調され、

一目でもトヨタ車と分かるようなデザインになるようです。

 

現在予想されるパワートレーンは、

1.8Lガソリンエンジン+モーターハイブリッドです。

(駆動方式FF/4WD 4WDシステムは後輪モーター駆動方式のE-FOUR

トランスミッションは電気式無段変速機)

 

最新のプラットフォームによる軽量化と合わせて、

国内での課題である燃費の向上も期待されます。

 

なお、トヨタセーフティーセンスPも搭載されるようです。

 

 

まとめ

今回は、2019年に復活する「RAV4」のフルモデルチェンジの詳細に迫りました。

まだまだ不明確な情報が多いですが、

日本においてもう一花咲かせることができるかどうか、期待したいですね。

トヨタの新車情報はこちら
トヨタ 新型「ハイエース」15年ぶりのフルモデルチェンジ!2019年発売!?
トヨタFJクルーザー後継「TJクルーザー」2018年発売!?


スポンサーリンク

 -